EVENTおでかけ情報

熊本市町村 おでかけ情報

金栗四三

期間 通年 市町村 和水町 連絡先 大会事務局
0968-34-3047

日本人初のオリンピック選手で和水町出身の金栗四三さんが、この度、2019年放送の大河ドラマの主人公の一人に決定しました。タイトルは「いだてん~東京オリムピック噺~」です。
金栗四三さんは、日本が初めて参加した明治45年の「オリンピックストックホルム大会」に、マラソン代表として出場。その後も大正9年に「アントワープ大会」、大正13年に「パリ大会」とオリンピックに3度出場し「日本マラソンの父」と言われています。
また、正月の風物詩となった箱根駅伝の産みの親でもあります。

ストックホルム大会に出場した金栗さんは、レース途中に意識を失って倒れ、現地の民家で介抱された後、そのまま帰国しました。
しかし、大会本部には途中棄権の意思が伝わっておらず、「行方不明」扱いになっていたということです。

この大会から55年が過ぎた昭和42年、オリンピック開催55周年祝賀行事に金栗さんは招待を受け、ゴールインしてレースを完結されたのでした。
この時、金栗さんは75歳。競技場には「日本の金栗選手、ただ今ゴールインしました。
タイムは通算54年8カ月6日と5時間32分20秒3であります。これで第5回オリンピックストックホルム大会は、全ての日程を終了しました」というアナウンスが流れ、スタンドは、大きな歓声と拍手に包まれたそうです。

金栗さんが生涯に走られた距離は約25万キロ。
地球6周と4分の1と言われています。
和水町では、毎年11月に、金栗さんを顕彰する「金栗四三翁マラソン大会」が開催されおり、金栗さんが出場したオリンピックから、3キロの「ストックホルムコース」、5キロの「アントワープコース」、そして10キロの「パリコース」の3つの種目で、毎年1500人ほどの選手が健脚を競っています。

電動レンタサイクル

期間 通年 市町村 小国町 連絡先 小国ツーリズム協会
0967-46-4440

小国町の観光スポットを電動自転車に乗って巡りませんか!
小国町の「道の駅 小国ゆうステーション」には、電動レンタサイクルが10台あり、貸し出しを行っています。

電動自転車でのお勧めコースは、「小国ゆうステーション」を出発し、「鍋ヶ滝」でひと涼み!鍋が滝は、滝の裏側からカーテンのように流れ落ちる水を眺められるので「うらみの滝」ともいわれています。
そのあと、旧家を移築して建設された「坂本善三美術館」で作品を鑑賞。畳敷きの館内は、落ち着いた雰囲気で、座ったり寝転がったりして作品を眺めることが出来る自由な空間です。
そして「物産館ぴらみっと」で、ソフトクリーム食べて「小国ゆうステーション」へ戻るコースは、およそ2時間です。

その他、小国一番街の散策や、下城の滝・大いちょうを巡ったり北里柴三郎記念館に行ったりと、いろんなスポットがありますよ!

電動レンタサイクルは、中学生以上で身長142cm以上の方なら誰でも利用でき、料金は、2時間・300円、4時間・500円、8時間・800円です。
返却は午後5時までになっています。

通潤橋 修理工事

期間 実施中 市町村 山都町 連絡先 山都町
山の都創造課
0967-72-1158

このため、今年の春から数年をかけて修理が始まります。修理は、橋の上に埋設された石の通水管を掘り起こし、目地からの漏水を補修する他、孕(はら)み出した壁石垣の上部の修理を予定しています。

この通潤橋の修理風景を一般の方々に公開するため、見学所を設置。通潤橋の修理は、直近では平成12~13年に実施されていて、16年ぶりとなります。

今回の修理工事の公開で、現役の通水機能を有する通潤橋の心臓部ともいえる通水管を露出させるとともに、地震で被害を受けながらも倒壊を免れた約160年前の石垣の技術を紹介し、通潤橋の価値を発信します。

公開時間は午前9時~午後5時、荒天時は公開を制限する場合もあります。通潤橋の放水は休止となっていますが、今しか見られない修理風景ですので、ぜひご覧ください。

荒尾のよかよか感幸体験フェア

期間 募集中~12月9日 市町村 荒尾市 連絡先 荒尾市観光協会
0968-57-9155

荒尾市では、10月~12月にかけて「荒尾のよかよか感幸体験フェア」が行われます。
現在、参加者を募集中です。
荒尾の様々な観光資源を素材に、地元の人がインストラクターになって行うプログラムに参加して、荒尾の魅力を楽しんでいただくフェアで、今回、4つのプログラムをご用意しました。

10月21日(土)は「折敷田味噌づくり体験」。
防腐剤・甘味料を使用しない昔ながらのレシピで味噌作りをします。作った味噌は1キロを持ち帰れます。
料金は1,200円。小学生300円。先着10人程度の受付。

10月28日(土)は、「梨の宝さがし」。
梨農園で、ちぎり残しの梨を見つける収穫のお手伝いをしませんか!
収穫後は、梨園特製の梨カレーをご賞味ください。
荒尾梨のスイーツ作りもあります!大人2,000円、小学生1,200円、幼児300円で定員は12人程度。
家族単位の受付。

11月26日(日)は、「日本刀作刀見学」。
作刀の過程の一部“鋼打ち”を間近で見学できる貴重な機会。
見学後は武具の見学や刀匠との交流のひと時をお楽しみください。
料金は、1,200円、小学生600円。定員は15人程度。

12月16日(土)は、「干潟ウォーク&海苔工場見学」。
海苔工場の見学と新海苔の試食後に、潮の引いた荒尾干潟で生き物観察などをお楽しみください。
新海苔のプレゼントもあります。

料金は1,200円、小学生600円。定員は10人程度です。
いずれの体験も、体験日の1週間前までに予約をお願いします。

第41回玉名市横島町いちごマラソン大会

期間 募集中~12月15日 市町村 玉名市 連絡先 実行委員会事務局
0968-84-2122

玉名市横島町では、来年2月25日(日)、「第41回玉名市横島町いちごマラソン大会」が開催されます。
現在、参加者を募集中です。

「早春の横島町をゆっくり走りませんか」をキャッチフレーズに、健康づくりや横島町の㏚を目的に開催されている大会で、毎年、県内外からたくさんのランナーが参加!昨年もおよそ6,200人がチャレンジしました。
高低差がほとんどない平坦なコースは記録が出やすく、コース上には給水の他、横島町特産のイチゴやトマトも用意されています。
ゴール後には、温かい貝汁やおにぎりもありますよ!

種目は小学生コースの「3㌔」をはじめ「5㌔」、「10㌔」、「ハーフマラソン」、そしてタイム計測や年齢制限がない2.5㌔の「のんびりコース」の5種目・15部門。

参加料は、高校生以上・3,000円、中学生以下・2,000円。
「お土産付き」を希望される方は、1,000円増しです。
申込締切は、郵便振替なら12月6日(水)まで。
インターネットか大会事務局窓口で申込みの場合は、12月15日(金)まで。

横島町いちごマラソン大会HP

 

第15回 ひとよし温泉春風マラソン大会

期間 募集中~1月10日 市町村 人吉市 連絡先 人吉市役所
教育委員会
社会教育課
0966-22-2111

人吉市では、来年2月18日(日)に開催する「第15回ひとよし温泉春風マラソン大会」の参加者を募集しています。

ひなまつりで賑わう中心市街地や国宝青井阿蘇神社、日本三急流の球磨川を眺めながら走り、その後は、郷土料理「つぼん汁」、薪で蒸すあったかい「赤飯」、地元産のあずきを使った「ぜんざい」を参加者全員が楽しめる、人吉ならではの魅力あふれる大会です。

「2キロ」、「4.2キロの10分の1マラソン」、「10キロ」、「ハーフ」の4コース、男女・年齢別の27部門があり、参加料は、ハーフが4,000円、ハーフ以外の一般3,000円、高校生・中学生1,500円、小学生1,000円、ファミリーの部は、2人で2,000円、1人増える毎にプラス500円。
参加賞は、人吉球磨の21の温泉施設で使用できる入浴券、オリジナルスポーツタオルなどをご用意!走り終わった後は良質な温泉で疲れを癒してみませんか!

申込み締切りは、窓口・郵便振替は12月28日(木)。
インターネットは、1月10日(水)です。

第15回ひとよし温泉春風マラソン大会HP

 

八つの神様巡り&温泉

期間 通年 市町村 和水町 連絡先 和水町役場
商工観光課
0968-86-5725

和水町のパワースポットを地元のガイドさんの話を聞きながら巡ってみませんか!

和水町の三加和温泉郷周辺には、「命」、「目」、「歯」、「耳」、「イボ」、「胃」、「手足」、「性・腰」と身体にまつわる八つの神様が点在しています。
ひとつの町にこれだけ集中しているのは、とても珍しいそう。ふるさとガイドの案内で、それぞれの神様を参拝できますので健康祈願に出かけてみてはいかがでしょうか!

ガイド料金は、2ヵ所まで1,500円で、3ヶ所目から500円の追加です。
ガイドを希望の方は、1週間前までに予約をお願いします。

「八つの神様ご利益めぐり」の後は三加和温泉をお楽しみください。
PH10前後と全国屈指の強アルカリ性の温泉であり、ヌルヌルとしたなめらかな肌触りが特徴。
不要な角質や汚れを落とす「乳化作用」に加え、天然の保湿成分「メタケイ酸」が豊富で、肌がすべすべになります。

ふるさとぎょくとう応援寄附金

期間 通年 市町村 玉東町 連絡先 玉東町役場
企画財政課
0968-85-3188

玉東町では、ふるさとぎょくとう応援寄附金(ふるさと納税)制度のご協力を呼びかけています。
ふるさとぎょくとう応援寄附金は、「玉東町を応援したい」という気持ちを寄附という形で実現できる制度。
この制度で「頑張る玉東町」をぜひ応援してください。お寄せいただいた寄附金は、寄附者の意思に基づき、玉東町のまちづくりに関する事業に活用させていただきます。

なお、寄附金の2千円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。
控除を受けるためには、寄附した翌年に最寄りの税務署へ確定申告をすることが原則ですが、確定申告が不要なサラリーマンなどは、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、申請することにより確定申告不要で税金の控除が受けられます。

また、1万円以上寄附していただいた町外の方には、ハニーローザアイスクリーム8個セットなどをお贈りしています。
ハニーローザアイスクリームは、玉東町が日本一の栽培面積を誇るスモモ「ハニーローザ」を使ったアイスクリームで、平成22年度の熊本県優良新商品表彰事業で、全59商品の中から最高金賞を受賞しました。

ふるさと納税制度で、玉東町の未来を応援していただき、特産品ハニーローザアイスクリームをご賞味ください。
インターネット経由では、楽天ふるさと納税からもお申込みいただけます。

ふるさとぎょくとう応援寄附金HP
楽天ふるさと納税HP

 

やつしろ舟出浮き 秋のキャンペーン

期間 開催中~11月30日  市町村 八代市 連絡先 八代観光物産案内所
0965-35-6627

八代市では、4月~11月末まで、伝統漁法の体験と、新鮮な海の幸を味わえる「やつしろ舟出浮き」が行われています。
「舟出浮き」は、江戸時代に八代のお殿様が「鉾(ほこ)突き」という漁法で遊んでいた「舟遊び」が始まりと言われています。

現在の「やつしろ舟出浮き」は、間近で八代伝統の漁を見学し、無人島で新鮮な魚料理を味わう海のレジャー。
汁物、刺身、煮物、天ぷらなど季節によって変わる料理をお楽しみください。
なお、飲み物は各自で準備をお願いします。

八代海に浮かぶ無人島の「三ツ島」と「黒島」には、休憩所やトイレなどが整備されたレジャー基地があり、両方の島をあわせると団体で70人~80人程度が利用できます。
料金は、船1隻で、5人まで3万円。1人追加毎に5千円増し。
子どもは大人の半額、小学生未満千円、3歳未満は無料です。
乗船予定日の1週間前までに予約をお願いします。

11月30日(木)まで、秋のキャンペーンが行われていて、先着600人に「日奈久温泉センターばんぺい湯の入場割引券」、「八代城跡お城舟巡り、人力車の半額割引券」をプレゼント!
抽選で「八代の特産品詰め合せ」が当たるWチャンスもあります!

「山都フットパス モニターツアー

期間 11月、12月 市町村 山都町 連絡先 山都町
山の都創造課内
山都フットパス協会
0967-72-1158

山都町では、11月と12月に「山都フットパス モニターツアー」を開催!現在、参加者を募集しています。

11月19日(日)は、阿蘇地域特有の南郷檜の群生地を巡る約2.9㌔、所要時間60分の「東竹原西コース」。100年の森や大ケヤキなど、森の魅力を感じられるコースです。
みさお大豆を使った手作り弁当も味わえます。
午前9時30分集合、10時30分出発。定員は30人です。

12月10日(日)は、高月集落内の高低差にとんだ約6.9㌔、150分の「高月コース」。この地区には、八十八体の地蔵尊像が地区全体に祀られています。
また、阿蘇山や九州山脈の360度のパノラマは絶景です。
午前9時集合、9時30分出発。定員は20人です。

どちらのコースも参加費は、昼食・保険料込みで、一般2000円、子どもは1,000円。
電話かFAX・メールで開催日の5日前までにお申し込みください。
申込書は、山都町HPからダウンロードできます。

山都フットパスモニターツアーHP

 

福運三社めぐり

期間 通年 市町村 小国町 連絡先 小国町商工会
0967-46-3621

小国町の「福運三社」めぐりで、運気アップしませんか。
小国町の「けやき水源・小国両神社・鏡ヶ池」は「福運三社」といわれ、宝くじの当選など、運気アップを願って訪れる人が多いそうです。

江戸時代、小国両神社の境内にあった「神護寺」は、年貢や、種籾が足りない農民に賽銭を貸し、多くの人が救われました。
商家では、商いの元手に賽銭を混ぜると万倍返しになると、小銭を借りました。これが福銭です。

その故事にならい、「けやき水源の水神様」、「小国両神社」、「鏡ヶ池の恵比寿様」の神々に、当たりくじ祈願や福運招来を祈願された方に「福運三社」の祈願をこめた福銭をお貸しします。
3カ所に備え付けてある、参拝スタンプを「福銭交換券」のついた用紙内の枠に押して、「福銭の店」にお越しください。
「福銭交換券」と交換で、福銭をお貸しします。
数に限りがあります。

8人以上の団体で、福運三社参りをされる方は、希望日の2週間前までに商工会へご予約いただくと、無料でボランティアがご案内します。
予約は、日時や内容の確認のために文書でお申込ください。ご希望に添えない日もありますので、あらかじめご了承ください。
阿蘇郡小国町宮原1670とナビで入力すると、小国両神社に到着します

観光アプリ

期間 11月23日(木) 市町村 美里町 連絡先 美里町
林務観光課
0964-47-1112

美里町公式観光アプリ「みさとりっぷ」がこの春リリースされました。
「みさとりっぷ」は、観光地検索機能や音声ガイダンスによる観光地紹介機能、観光地までのルート案内機能、フットパスコースの紹介、ポイントラリー機能、AR記念撮影機能、ビーコンによるプッシュ機能などがあります。

さらに、美里町を代表する観光スポットのフォレストアドベンチャーやフットパス・日本一の石段・石橋について独自のコンテンツを設け、それぞれVRやAR記念撮影、石段の自動タイム測定、登頂タイムランキング機能など美里町を満喫できるお楽しみコンテンツが充実!
ポイントラリーでは、抽選で豪華賞品をプレゼントします。

アプリと連動した多言語対応の観光HPも作成され、スマホだけでなく自宅のパソコンなどで多くの情報を得られるようになりました。

アプリのダウンロードは無料。
「美里町 アプリ」で検索して、ぜひダウンロードしてください。

iPhone「みさとりっぷ」ダウンロード
Android「みさとりっぷ」ダウンロード

 

緑川流域ふっこうイベントラリー

期間 開催中~30年1月 市町村 美里町、御船町、甲佐町、山都町 連絡先 熊本県上益城地域振興局
096-282-3044

緑川流域4町の美里町・御船町・甲佐町・山都町には、伝統的なお祭り、子どもに大人気の化石発掘体験など、楽しいイベントが盛りだくさん。
これらを巡る「緑川流域ふっこうイベントラリー」を開催しています!

美里町の日本一の石段を登る「アタック・ザ・日本一」、石橋技術を継承し石橋の素晴らしさを全国にPRする「全国石橋サミット」など、来年1月まで開催される対象の11のイベントのうち3つに行き、スタンプを集めて応募すると、抽選で「緑川流域の特産品」が当たります!応募先着2000人には、参加賞としてその場でくまモングッズをプレゼント!

これから行われる対象のイベントは、次の通りです。
11月12日(日)は、甲佐町の「甲佐町産業文化祭」
11月17(金)・18日(土)は、山都町の「全国石橋サミット」
11月18日(土)の美里町は、「アタック・ザ・日本一」
11月30日まで開催中の御船町の「化石発掘体験」など。
化石発掘体験は事前予約が必要。

緑川流域4町の楽しいイベントに参加して、特産品を当てませんか!

マンホールカード

期間 配布中 市町村 玉名市 連絡先 玉名市
上下水道工務課
0968-75-1144

玉名市では、今話題の「マンホールカード」の無料配布を新玉名駅構内の観光ほっとプラザたまララで行っています。
マンホールカードは、全国の自治体がご当地デザインのマンホールの蓋を紹介するもので、各自治体が、国土交通省や下水道広報プラットホームと共同で制作しています。

第1弾は昨年4月に発行。今回の第5弾は、過去最大の52種類が追加され、累計222種類が制作されています。
この第5弾に熊本県では初めて、玉名市と熊本市が参加しました。

玉名市のマンホール蓋には、様々なデザインの蓋がありますが、その中で「音楽の都 玉名」のロゴマークがデザインされたマンホールカードを制作しました。
このマンホール蓋は、市内2ヶ所に設置してあり、カードにはマンホールがある場所の座標を記していますので、コレクションするだけでなく、探すという楽しみ方もあります。

たまララで、午前9時~午後7時までで、アンケートを記入後、1人・1枚を無料配布します。
配布枚数は、初版6,000枚で、なくなり次第増刷の予定。

天草伊勢えび祭り

期間 開催中~12月28日 市町村 天草市 連絡先 天草宝島観光協会
0969-22-2243

今年も天草の3つのエリアで「天草伊勢えび祭り」が始まりました。
天草灘に面した天草の西海岸は、全国でも有数の伊勢えびの好漁場です。
漁が解禁されるこの時期だけ味わえる、天然新鮮なプリップリの伊勢えびをぜひご賞味ください。

参加店舗は、天草島内の本渡、下田温泉、牛深の3つのエリアの寿司屋・飲食店・宿泊施設、20店で、宿泊プランでは、新鮮な天然伊勢えび料理3品と海鮮料理が食べられます。

参加施設に宿泊し、アンケートに答えると、抽選で、参加施設で使える1万円の宿泊券が当たります!
天草伊勢えび祭りのプランでの宿泊で、島鉄フェリー・三和フェリー・天長フェリーのいずれかをご利用の方は、片道の車両代と運転手1名分が無料!先着200組限定です。

日帰りで伊勢えびを味わいたいという方は、食事のみできる参加店をご利用ください。

天草伊勢えび祭り2017 HP

天草五和アワビ祭り

期間 開催中~11月30日 市町村 天草市 連絡先 天草市商工会五和支所
0969-33-0276

アワビの養殖が盛んな天草市五和町では、地元産のアワビを堪能できる「天草五和アワビ祭り」を今年も開催しています。

天草市五和町の旅館や民宿でつくる「五和町旅館組合」がアワビが旬を迎える秋に毎年実施している宿泊キャンペーンで、13回目。
アワビの刺し身、姿焼き、しゃぶしゃぶのオリジナル料理に、地魚の刺身など、12種類の料理が楽しめます。
口に入れたとたんに磯の香りが広がるやわらかくて美味しいアワビを味わいませんか!

キャンペーンは、11月30日(木)まで。
料金は、1泊2食付で税込10,800円。
食事のみのご利用も、5つの参加店舗、旅館で出来ます。

宿泊コースの場合、前日までに宿・店へ予約すると五和本渡間は無料送迎。
また、島鉄フェリーや天草エアラインをご利用の方は、運賃の割引サービスもあります。

日本の心の故郷を唄う 想いでの詩コンサート

期間 11月 市町村 益城町 連絡先 益城町文化会館
096-286-1511

益城町文化会館では、11月26日(日)に「日本の心の故郷を唄う 想いでの詩コンサート」が開催されます。

出演は、ソプラノの家田紀子ほかで、「花嫁人形」、「小さい秋見つけた」、「十五夜お月さん」、「みかんの花咲く丘」、「白いブランコ」、「見上げてごらん夜の星を」など、温もりや思いやり、優しさ溢れる世代を超えて歌い継がれる詩を披露します。
全日本ブラスシンフォニーコンクールで三連覇を達成した益城中学校吹奏楽部の演奏もあります!
入場は無料ですが、整理券が必要です。電話でお申し込みください。

11月12日(日)は「グランプリコンサート2017」が開催されます。
出演は、2017年の「第9回大阪国際室内楽コンクール」で優勝の女性4人の弦楽カルテット「アイズリ・クァルテット」。

11月 18日(土)は、「爆笑ライブ2017in益城」が開催されます。
ヒロシ、東京03、平野ノラなど人気芸人のステージをお楽しみください。

益城町文化会館HP

東陽交流センターせせらぎ 生姜商品

期間 冬季 市町村 八代市 連絡先 東陽交流センターせせらぎ
0965-65-2112

寒い冬、生姜でポッカポカに温まりませんか!
八代市東陽町の「東陽交流センターせせらぎ」では、地元特産の生姜を使った様々な商品を販売しています。

東陽町は、生姜の生育に適した日照時間と、清らかな清流を活かして、昭和初期の頃から生姜が栽培されています。
この生姜を使った様々な商品が「東陽交流センターせせらぎ」で発売されています。
おススメは、無添加・手作りの「しょうがジャム」!生姜の香りと辛み、晩白柚の花蜜の甘みと風味が感じられる全て国産素材を使ったオリジナル商品です。
トーストにのせたり、ヨーグルトや牛乳などの乳製品にもよくあいますよ!

その他、お湯や水で溶かせば生姜エキスを美味しくいただける「生姜シロップ」、馬刺しや刺身に合う「生姜しょうゆ」、冬の鍋料理にぴったりの「生姜ぽん酢」、生姜を練りこんだ「生姜そうめん」、「粉末生姜」、「乾燥生姜」、「生姜湯」、「生姜まんじゅう」など、特産の生姜を使った製品をいろいろ販売しています。

寒さが厳しいこの季節、免疫力を高め、代謝や血行が良くなるという生姜のチカラで、元気に過ごしましょう!

第17回 あまくさ丼丼フェア

期間 10月1日(日) 〜 12月17日(日) 市町村 天草市 連絡先 天草宝島観光協会
0969-22-2243

天草市では、10月1日(日)~12月17日(日)まで毎年大人気の「第17回あまくさ丼丼フェア」が開催されます。

天草といえば、ウニ・海老・タコなど新鮮で豊富な海の幸はもちろん、地鶏の天草大王や天草黒毛和牛などの山の幸も豊富。
そんな食材を地元の陶芸家たちが丹精込めて焼いた器でいただく「あまくさ丼丼フェア」。
日本で産出される陶石のおよそ8割を占める「天草陶石」の里ならではの陶磁器と天草の旬の食材がコラボしたおもてなしメニューが今年も勢ぞろい!

17回目の今年は、新たに6店舗増え、34店舗が参加!新作どんぶりも17種類!海鮮丼に肉丼、スイーツ丼まで全44種類、味も器も超絶品の天草の自慢の丼をご堪能下さい!

食事券や天草の特産品がもらえるスタンプラリーや、「上天草どっちもよか丼」とのコラボレーション企画も開催!
各店舗のメニューなどは、天草宝島観光協会のHPでご覧ください。

あまくさ丼丼フェアHP

西野達 ホテル裸島リゾート・オブ・メモリー

期間 10月8日(日) 〜 12月5日(火) 市町村 津奈木町 連絡先 つなぎ美術館
0966-61-2222

津奈木町やつなぎ美術館などがおよそ2年かけて企画・制作した“泊まれる”アート、「西野達 ホテル裸島リゾート・オブ・メモリー」が10月7日(土)~12月5日(火)までの期間限定でオープンします。

世界を舞台に奇想天外な空間をつくりだす日本のトップアーティスト・西野達が廃校になった海の上の小学校「旧赤崎小学校」の建材を利用した、海の上に浮かぶアート作品「ホテル裸島」を制作しました。

作品は、旧赤崎小学校で使われていた窓枠や引き戸などの建材や備品を使って作った、最大で2人宿泊できるワンルームホテルです。
約32㎡の広さに、客室1室とトイレ、シャワールーム、受付という作りで、近くの無人島にちなみ「ホテル裸島」と名付けられました。

ホテルは、(水)を除き午前10時~午後3時まで無料で見学できます。
宿泊予約は公式HPで受付けます。

他にも森を利用したあっと驚く大型作品が皆様をお待ちしていますよ!
10月8日(日)は午後2時から西野さんの「アーティストトーク」が行われます。
参加は無料で、当日先着50人の受付です。

西野達 ホテル裸島リゾートHP

果林の里 果物狩り

期間 10月中旬~11月 市町村 南関町 連絡先 果林の里
0968-53-8459

実りの秋に、南関町で果物狩りはいかがですか?南関町にある「果林の里」では、梨とキウイフルーツを収穫することができます。

「レインボーレッド」と呼ばれる品種のキウイは、果肉の中心部分が赤い、市場での流通量が少ない希少な品種で、とにかく高い糖度が特徴。
濃厚な甘みが口いっぱいに広がり、まるでお菓子を食べているようです。

レインボーレッドと一緒に収穫することが出来る「ゴールドキウイ」も高い糖度と、さっぱりとした甘みが特徴。
どちらも数量と収穫時期に限りがあります。お問い合わせの上、お早めにお越しください。

10月下旬からは、ジャンボキウイ狩りがスタート!通常の2倍もある大きさのキウイは、実も詰まっていて、ずっしりとしています。
程良い酸味と甘み、そしてみずみずしい果肉はファンも多く、毎年早い段階から予約が入るほどの大人気です!
生産者が丹精込めて作っている果物、この機会にぜひご賞味ください。

うと・うき・みさとトリプルキャンペーン

期間 10月27日(金) 〜 1月31日(水) 市町村 宇城地域 連絡先 宇城地域観光推進協議会事務局
0964-32-2113

熊本市内から車で30分の宇土市・宇城市・美里町からなる宇城地域は、山と海のレジャースポット、歴史・文化遺産、グルメなどが楽しめる魅力あふれる地域です。

熊本地震から1年以上経ちましたが、まだまだ復興の途中。
たくさんの方に宇城地域を巡ってもらいたいと思い、今回、「うと・うき・みさとトリプルキャンペーン」を企画しました。
10月27日~来年1月31日まで行われるこのキャンペーンは、名前の通り宇城地域を楽しくお得に回っていただける3つの特典をご用意しました。

1つ目は、宇城地域のお店40店舗で様々なサービスが受けられるお得なクーポンを差し上げます。
クーポンを掲載したパンフレットを対象店舗や道の駅などで配布していますので、ぜひこのパンフレットを入手して、宇城地域でお得に使ってください。

2つ目は、クーポンを使うともらえるスタンプを3つ集めた方に、応募参加賞として、かわいい「くまモンだっこバルーン」をプレゼント!こちらは先着400人ですので、お早目に。

3つ目は、スタンプを3つ集めてご応募いただいた方に、抽選で「宇城地域の特産品」をプレゼントします!楽しくお得な「うと・うき・みさとトリプルキャンペーン」に参加して、宇城地域をめぐる旅に出かけませんか!

ホームページは、「うとうきみさと」で検索を!

五家荘紅葉祭

期間 10月29日(日) 〜 11月30日(木) 市町村 八代市 連絡先 泉町紅葉祭実行委員会事務局
0965-67-2111

八代市泉町では、10月29日(日)~11月30日(木)まで「五家荘紅葉祭」が開催されます。

紅葉の名所として知られる八代市泉町の五家荘地域には、落差70㍍、「日本の滝百選」にも選ばれている「せんだん轟の滝」や2つの橋からなる「樅木の吊橋」、長さ116㍍、高さ55㍍の「梅の木轟(とどろ)公園つり橋」など、見事な紅葉スポットが数多くあります。
カエデ、モミジ、ブナ、ハゼ、イチョウなど、色鮮やかに彩られた山々や渓谷をご覧になってみませんか!

29日は、せんだん轟の滝駐車場でオープニングセレモニーで式典やステージイベントがあります。
期間中は、11月3日(金)に「五家荘平家の里 琵琶と夜神楽」、11月4日(土)に久連子古代踊りなどが披露される「緒方家イベント」、5日(日)に「左座家茶会」が行われますよ!

道路が狭いため、11月5日・12日・19日の日曜日は、交通規制が実施されます。係員の指示に従って通行して下さい。

八代妙見祭

期間 11月22日(水) 〜 11月23日(木) 市町村 八代市 連絡先 八代妙見祭保存振興会
070-5819-8246

八代妙見祭は、妙見の神様が亀蛇に乗り、中国から海を渡って八代に上陸したという伝説に由来していて、380年以上の歴史があり、神幸行事は、国の重要無形民族文化財に指定されています。
昨年12月には、全国32の祭りとともに「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産へ登録され、八代の宝から世界の宝となりました。

祭りは、22日に「神幸行列お下り」と「御夜(前夜祭)」が行われ、夕方から本町アーケード一帯に、9つの笠鉾や亀蛇、獅子が登場!午後7時から、子供能や伝統芸能フェスティバルも行われます。
23日は、祭りの最大の呼び物「神幸行列のお上り」が、朝7時半に塩屋八幡宮を出発、本町アーケード、ハーモニーホール、八代駅前を通り、八代神社へ向かいます。
昼前に八代神社に到着した行列は、昼休憩後、砥崎河原を通過し、行列順に演舞を披露します。

行列は、およそ1,700人の地元の方々が参加して、神輿と神馬を中心に獅子舞、笠鉾、亀蛇、飾馬など40もの出し物が列をなし豪華絢爛な歴史絵巻を再現します。
出し物は、通過経路のどこでも見ることが出来ますが、出発地の塩屋八幡宮、八代駅前、宮地小学校グラウンド、砥崎河原が特におススメです。

23日は交通規制も行われますので、公共交通機関をご利用ください。
新八代駅、県地域振興局と球磨川河川緑地からは片道200円でシャトルバスを運行します。

第21回 玉名大俵まつり

期間 11月23日(木) 市町村 玉名市 連絡先 玉名市役所
ふるさとセールス課
0968-73-2222

玉名市では、11月23日(木・勤労感謝の日)、玉名市役所周辺で、「第21回 玉名大俵まつり」が開催されます。

菊池川河口に位置する玉名市は、恵まれた地の利を活かし、江戸時代に米の集積地として栄えた所で、積み出された米は「高瀬米」と呼ばれ、大阪の米相場の基準となっていました。
その米俵を大阪へ運ぶ船への積込み場として使われていた史跡「俵ころがし」にちなんで、五穀豊穣と繁栄を願って行われるのが、「玉名大俵まつり」です。

この祭りのメインイベントは、全国にも類を見ない、巨大な俵を転がしてタイムを競う「俵ころがしレース」!大俵の大きさは、重さ1トン、横幅4㍍、直径2.5㍍もあります。
レースは、午前8時からスタート!今年は60を超えるチームが参加し、午前中に予選レース、午後から決勝レースが行われます。
1チーム13人が、頭と引き手、止め手に分かれ、大俵についた綱を引いて、およそ250㍍の距離を転がす様子は、迫力満点!
直径1.6㍍・横幅2.6メートル・重さ200キロの小俵を使った「小俵ころがし」では、「小学生」、「中学・高校生」、「レディース」の各部門で、熱い戦いが繰り広げられます。

レースに先駆け、市役所前駐車場では、午前7時から「朝食マルシェ」、10時から「米グルメフェスティバル ~大うまかもん市~」も同時開催!
50店ものお店や団体が“米”をテーマにしたうまかもんを販売します。
こちらもどうぞお楽しみください。

湯ったり菊池の軽トラ朝市

期間 11月26日(日) 7:30 〜 11:30 市町村 菊池市 連絡先 実行委員会
0968-25-1131

菊池市では、11月26日(日)に「湯ったり菊池の軽トラ朝市」が開催されます。

隈府商店街一帯を歩行者天国にして、毎月、第4(日)の朝7時半から11時半まで行われている朝市で、新鮮な野菜や果物、海産物、手作りお惣菜、お菓子などの軽食も出店。
食べ歩きも楽しめますよ!

今回は、お一人様1回限り、無料の「菊池の新米すくい取り」を開催!
ぜひ参加して、江戸時代から旨い米の代名詞と言われた菊池米をご賞味ください。無くなり次第終了です。

その他、大人から子供まで楽しめる曲を大型管楽器チューバが大奮闘して演奏する「アンサンブルコンサート」、かわいい子犬に癒される「菊池農業高校によるふれあい動物園」、豪華賞品が当たる「歩き愛(め)です」スタンプラリー抽選会、会場内を散策してスタンプを集めた方にもれなく粗品をプレゼントする「軽トラ朝市スタンプラリー」なども同時開催されます!

菊池市民広場、菊池地域振興局、菊池市役所、菊池中央病院職員駐車場をご利用ください。
お買い物後は、市内の日帰り温泉や観光物産館の無料の足湯で疲れを癒しませんか。

第21回 しんわ楊貴妃祭り

期間 11月26日(日) 市町村 天草市 連絡先 天草市役所
新和支所
0969-46-2111

天草市新和町には、中国の絶世の美女・楊貴妃が中国で起こった乱を逃れて天草の新和に流れ着き、ある日、龍の姿になって空へ昇ったという伝説が残っています。
この伝説にちなんだイベント「第21回 しんわ楊貴妃祭り」が、11月26日(日)に新和支所周辺で開催されます。

特設ステージでは、宇宙戦隊キョウレンジャーショー、天草ご当地アイドルMONECCO5ライブショー、しんわ楊貴妃太鼓、タヒチアンダンス、劇団きゃあ公演、もちなげ等が行われます。

お祭り広場では、おいしいものがいっぱいのバザーコーナー、各種展示販売、農産物の即売会、絵画・書道・写真・手工芸品などの作品展示もあります。

祭りは、朝9時45分~午後3時30分まで。
駐車場は、新和グラウンドをご利用ください。
新和小学校体育館では、午前9時から恒例の「熊本県玉入れ選手権大会 竜の玉入れ選手権」が同時開催されます。
優勝賞金10万円をかけた熱い戦いをご覧ください。

上天草市アウトドアフェスティバル

期間 11月26日(日) 市町村 上天草市 連絡先 観光おもてなし課
0964-26-5512

上天草市で、地元ならではのアウトドアを体験できるイベント「上天草市アウトドアフェスティバル」が11月26日(日)に開催されます。

各体験メニューを紹介しましょう。
「次郎丸トレッキング」は、九州百名山の次郎丸岳の山頂を目指す、初心者向けの山歩き。「千元の森トレッキング」は、巨大な岩が美しい千元森嶽まで歩きます。次郎丸岳は397㍍、千元森嶽は233㍍ですが、山頂からは有明海、天草五橋、阿蘇山などの絶景が楽しめます。
「維和島オルレショートコース」は、6500万年前の地層がむきだしの外浦自然海岸など、悠久の歴史・自然が見所。「上天草サイクリング」は、地元のサイクリングコースを地元ガイドと巡ります。
「シーカヤック」は、天草の澄んだ海をお楽しみください!

いずれも、小さなお子さんでも楽しめる内容。
現在、参加者を募集中!お弁当、車エビなどのお土産もあります。
参加費や参加対象者などは、違いますのでお問い合わせください。

またこの日、道の駅サンパール裏のメイン会場「宮津海遊公園」では、サイクリングやカヤック、ボルダリング、グランピングや海yogaなどが体験できる他、上天草マルシェやアウトドアショップも出店。
缶バッチやスモークづくりなどのワークショップも開催されます。
輪投げやボーリングなどが無料で遊べるキッズコーナーや、ステージでは、午前11時と午後2時半から「アンパンマンショー」もあります。
入場は無料!秋の1日、ゆっくり上天草で遊びませんか!

上天草市HP 登山専門店シェルパHP

 

たまな健康食育フェア

期間 11月26日(日) 市町村 玉名市 連絡先 玉名市役所
保健予防課
0968-72-4188

玉名市では、11月26日(日)、横島町公民館と、横島総合保険福祉センターゆとり~むで「食で元気、健康な笑顔!」をテーマに、「たまな健康食育フェア」が開催されます。

午前10時の開会式に続き、地元の横島潟担い節保存会、くまモン、タマにゃんが出演。
外のテントでは、パンや薬草フード、無農薬野菜、加工品、米、いきなり団子、空揚げなどが販売される「マルシェコーナー」、公民館ロビーや会議室では、歯科相談や健康チェック、血圧・血糖測定などができる「体験・展示コーナー」、ゆとり~むでは、赤ちゃんハイハイレースや男性料理教室が開催されます。

午前11時から、九州看護福祉大学口腔保健学科助教の前原朝子先生の「市民健康講座」、午後1時半から、熊本市民病院の橋本洋一郎先生の「健康講演会」が開催されます。
いずれも入場無料。

乳児から高齢者まで参加できる様々な催しがありますので、ぜひお出かけください。

第10回 ふれあいの丘交流祭り

期間 11月26日(日) 市町村 玉東町 連絡先 祭り実行委員会
0968-85-6557
JR九州新玉名駅
0968-74-3881

玉東町の温泉施設「ふれあいの丘交流センター」で、11月26日(日)に「第10回ふれあいの丘交流祭り」が開催されます。

この日は、どなたでも100円で入館・入浴が楽しめる他、野菜・果物、花苗、味噌など新鮮な玉東産が大集合の「物産品販売」、「フリーマーケット」、だご汁や焼きそば、ハヤシライスパンなどの「食事販売コーナー」、「餅つきと餅の無料配布」もあります。

ステージでは、「くまモンステージ」、「玉東中学校吹奏楽部の演奏」、「長渕つもりコンサート」、「ドナルドショー」などもお楽しみください!
祭りは午前9時~午後3時まで。車の方は、東部環境センター西側駐車場をご利用下さい。
詳しくは、祭り実行委員会 電話 0968-85-6557。

また、JR九州ウォーキング“西南戦争遺跡めぐりウォーキング”も同日開催!
明治10年に起きた国内最終の内戦「西南戦争」の関連遺跡が今も多く残っている玉東町と、隣接する熊本市田原坂を巡るウォーキングをしませんか!
参加無料・事前申込も不要です。
当日、JR田原坂駅で午前8時30分~11時15分まで随時受付です。
詳しくは、JR九州新玉名駅 電話 0968-74-3881まで。

2017 おぐにフォトコンテスト

期間 募集中~平成30年2月28日 市町村 小国町 連絡先 オグニベース事務局
0967-46-4440

小国町では「2017おぐにフォトコンテスト」の作品を募集中。
テーマは「小国町一帯 の四季折々の写真」です。

小国町は、1800年の歴史を持つ「杖立温泉」や大分県との県境に広がる「わいた温泉郷」をはじめ、様々な「滝」、自然林の中を清流が流れる「遊水峡」など、四季折々に美しい姿を見せる観光スポットがたくさんあります。
こうした小国ならではの自然の風景やイベントなどを撮影して応募してみませんか!

撮影時期は、締切日までの概ね1年間に撮影されたもの。
作品は、ワイド6切銀塩プリント、またはA4インクジェットでプリントした写真とCD-Rに保存したデータを併せてご応募ください。
1人・何点でも応募できます。使用するカメラの機種や、縦位置・横位置は、問いません。

作品は、オグニベース事務局のHPから応募用紙をダウンロードして道の駅ゆうステーション2階のオグニベースまで持参するか、郵送でお送り下さい。
2月28日の当日消印有効。
賞金10万円のグランプリをはじめ、各賞が用意されています。

2017 おぐにフォトコンテストHP

三加和温泉

期間 通年 市町村 和水町 連絡先 和水町観光協会
0968-86-2127

和水町には、知る人ぞ知る秘湯「三加和温泉」があります。
熊本の県北、福岡県との県境付近にあり、人気温泉地である平山温泉から車で5分程。

強アルカリ性の温泉で、全国トップレベルの10前後のPH値を誇り、不要な角質や汚れをきれいに落とす「乳化作用」があるとともに、天然の保湿成分「メタケイ酸」が豊富。
お肌がツルツルになると言われています。

また、体が最もリラックスできる40度前後の少しぬるめのお湯なので、心身の癒し効果もあります。
一度入浴されたお客様は、その泉質に満足され、何度も足を運ばれるそうです。

三加和温泉には、それぞれ個性的な家族湯がある「上弦の月」、「紅さんざし」、「美感遊創」の3つの施設と、大浴場もある「ふるさと交流センター」があります。