エフエム熊本放送番組審議会
前回へ

第314回放送番組審議会 報告

1. 開催日時
平成29年 2月 1日(水)13時30分から
2. 開催場所
FMKエフエム熊本本社 3階会議室
3. 出席委員
副委員長 木村圭一郎   会社員
池部 徹    会社代表
國武 晴美   主婦
益田 彩加   大学生
会社側出席者    中西社長ほか5名

自社制作番組
「FMK パンゲア!」

時間: 火曜 11:30~14:34
出演: マッキー、中華首藤
提供: 各社

人気のパーソナリティを一堂に集め、月曜から木曜日まで放送している情報と面白コーナーが満載の生ワイド番組。
火曜日はマッキーと中華首藤が出演する。13時台のリポートコーナーは、名物コーナーになっている。
<審議内容>
  • あっさりしていて聴きやすい。
  • マッキーは、母親らしいイメージが出ていて好感が持てた。
  • 中華のリポートは、やや押しが強すぎるように感じた。
  • 二人のかけあいは、面白く安定感がある。
  • 中華は滑舌がよく、聴きやすい。
  • マッキーは、全体をとりまとめるのがうまい。
  • 友達と話している感覚で聴けた。
  • 約3時間があっという間に過ぎた。
  • 生リポートは愉快に聴けた。
  • 長時間の番組だが企画が豊富で飽きずに聴けた。
  • スタジオから外に出てリポートするコーナーは面白い。
  • インタビュー部分の音質がよくない。

ネット番組
「木村カエラcosmic☆radio」

時間: 日曜 15:00~15:30
出演: 木村カエラ

彼女が自分の近況を紹介しながら、リスナーからのメッセージを紹介。
恋の悩みから人生相談まで、木村カエラ流に答えていく。
<審議内容>
  • 声が可愛らしく、音声だけだが明るい色を感じさせる。
  • ファンを愛し、愛されていることが伝わり、リスナーに寄り添っている。
  • 滑舌は決してよくないが、それが逆に魅力になっている。
  • イメージと声にギャップを感じた。
  • 話題が女性目線なので、男性にとっては理解しづらかった。
  • おしゃれなアーティストのイメージだったが、普通の女性だと感じた。
  • ファンは面白く感じても、自分は、つい聴き流してしまう番組だった。
  • 彼女のしゃべりは、10代
  • 20代前半の女性なら共感できるだろう。
  • よく言えばフレンドリーだが、なれなれしいところも感じられた。
  • 曲は好感が持て、寄せられたメッセージに対するコメントが上手い。

放送番組審議会事務局は、審議内容を関係者に伝達しました。