エフエム熊本放送番組審議会
前回へ

第315回放送番組審議会 報告

1. 開催日時
平成29年 3月 1日(水)13時30分から
2. 開催場所
FMKエフエム熊本本社 3階会議室
3. 出席委員
委 員 長
副委員長
大熊 薫    熊本大学名誉教授
木村圭一郎   会社員
池部 徹    会社代表
國武 晴美   主婦
会社側出席者    中西社長ほか5名

自社制作番組
「Let’s GO! VOLTERS」

時間: 土曜 18:00~18:25
出演: 岩清水愛、他
提供: 各社

選手のコメントやインタビューを交えながら熊本VOLTERSを応援する。
ホームゲームの時には、会場から公開生放送している。
<審議内容>
  • バスケットボールには興味がなかったが、選手のインタビューは面白い。
  • ルールが難しく感じられた。なにか工夫ができないものか。
  • パーソナリティは、リスナーの側に立っており試合解説がうまい。
  • 試合の模様が想像できた。
  • 素人でも試合の様子が分かり、一緒に応援しているような気になった。
  • 応援しよう、見に行こうという気にさせられた。
  • ホームページにバスケット教室の開催日などの情報があればよい。
  • 楽しく聴けたが、外国人選手のインタビューの時には、訳があればよい。
  • インタビューを聴くと、選手の人となりが伝わってくる。
  • 飽きずに聴けた。中継の時に途中で終わったが、もう少し聴きたかった。

ネット番組
「Yuming Chord」

時間: 金曜 11:00~11:30
出演: 松任谷由実

松任谷由実が週替わりでキーワードを設け、感じたことや薀蓄などをエッセイ風に語る。
ゲストを迎えて対談をすることもある。
<審議内容>
  • テーマがすがすがしく、聴きやすかった。
  • 日本を代表するアレンジャーがゲストの回は、説得力があった。
  • 番組でかかる松任谷由実の曲は、昔を思い起こさせる。
  • 毎回テーマが設定されていて展開が分かりやすく、落ち着いて聴ける。
  • トークは、バラエティーに富み、引き出しの多さが感じられた。
  • しゃべり方は、淡々としているが、その人柄には好感が持てた。
  • CMが庶民的で番組とのコントラストが面白かった。
  • 声のトーンが落ち着いている。
  • パーソナリティの人となりがよく出ている。
  • テーマがバラエティーに富んでいて興味深い。
  • 嫌味な部分が感じられない。

放送番組審議会事務局は、審議内容を関係者に伝達しました。