ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

草なぎドラマ、出身地で20%超

 10日にスタートした関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『嘘の戦争』(毎週火曜 後9:00※2時間SP)の番組平均視聴率が、元SMAP・草なぎ剛の出身地・愛媛、EBCテレビ愛媛で20.4%を記録したことが11日、わかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ)。草なぎにとってグループ解散後初の主演作を地元が後押し。そのほか系列各局で好スタートを切っている。

【写真】藤木直人、山本美月らが出席した制作発表の模様

 もっとも人口の多い関東圏のフジテレビでは11.8%、最高値は午後10時28分にマークした13.8%。制作局の関西テレビでは15.5%、最高値は午後10時28分と同45分にマークした17.2%。

 出演者の一人、安田顕の出身地・UHB札幌は公式ツイッターで「関東での視聴率が11.8%の中、北海道エリアの視聴率は15.2%でした ご覧頂きありがとうございました」と報告し、13日深夜の再放送をアピールしている。

 公式サイト上でオススメドラマとして紹介していたテレビ静岡では19.0%。AKT秋田では21.5%の高視聴率。そのほか、THK名古屋13.8%、TNC北部九州12.3%、OX仙台13.8%、TSS広島15.5%(11日時点)。

 同ドラマは、幼い頃に家族を殺された主人公・浩一(草なぎ)が詐欺師となって事件関係者に積年の恨みを晴らそうとする復讐劇を描く。藤木直人、水原希子、菊池風磨(Sexy Zone)、マギー、山本美月、安田顕、大杉漣、市村正親らが出演。浩一の子ども時代を演じる小林颯(11)は、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で小野政次(高橋一生)の幼少期も演じており、注目を浴びそうだ。

 第1話では、犯人の顔を見てしまった9歳の浩一が「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と警察に繰り返し証言しても、信じてもらえず“嘘つき”と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られてしまう。やがて浩一は、名前を変え、偽の経歴を駆使してたぐい稀なる詐欺師となり、正真正銘の“嘘つき”に。しかし、タイで偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会したことで30年間眠っていた“怒り”が呼び覚まされ、復讐を開始する…というストーリーが展開された。

(提供:オリコン)
2017/1/12 08:00 配信

草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』関西テレビ・フジテレビ系で放送中
草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』関西テレビ・フジテレビ系で放送中