ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

「主演男優賞」に山田孝之

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が初の年間大賞を発表。「主演男優賞」は、ともに人気シリーズの最新作『闇金ウシジマくん Season3』(MBS/TBS系)、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(TX系)で圧倒的な存在感をみせた山田孝之が受賞した。

【写真】「ヨシヒコ」を好演する山田孝之

 両作はどちらもコアファンを抱える作品。その演技力は、審査員はもちろん視聴者からの評価も高く、同社のドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」では、毎週「主演」の項目がほぼ満点に近い数字をマークしていた。審査員からは、「バイプレイヤーとしてもその存在感から強い印象を残す役者さんだが、主演になった時に、より一層の存在感を放ち、彼なしでは成立しないモノにできる稀有な役者だと思う」(井上テテ氏/脚本家)などと、年間を通して大きな活躍をみせた俳優として「主演男優賞」が決定した。なお、山田の受賞コメントは以下の通り。

■主演男優賞:山田孝之

 どうも、深夜ドラマの帝王 山田孝之です。飽き性な僕が長年続けてきた『闇金ウシジマくん』、『勇者ヨシヒコ』両シリーズでの受賞、大変嬉しく思います。これにより気持ちよく俳優業に区切りをつけ、プロデューサー業、音楽活動、執筆、森林調査などに取り組めます。しかし飽き性な私はまたいずれ俳優としてみなさんの前に現れることと思います。その際には素敵な作品に携わり、この様な素敵な賞を受賞できる様頑張りたいと思います。この度は本当にありがとうございます。

【「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2016」結果一覧】

作品賞:『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
主演男優賞:山田孝之/『闇金ウシジマくん Season3』(MBS/TBS系)、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(TX系)
主演女優賞:満島ひかり/『トットてれび』(NHK総合)
助演男優賞:草刈正雄/大河ドラマ『真田丸』(NHK)
助演女優賞:石田ゆり子/『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
脚本賞:野木亜紀子氏/『重版出来!』(TBS系)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
新人賞:ディーン・フジオカ/連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)、『ダメな私に恋してください』(TBS系)、『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)
<審査員特別賞>岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥/『ゆとりですがなにか』(日テレ系)
 対象作品・俳優は、16年1月、4月、7月、10月期の各「コンフィデンス・ドラマ賞」受賞作・受賞者と、クール毎の発表では対象外としていたNHK連続テレビ小説、NHK大河、各シリーズ作品及びその出演者。17年1月6日の審査会で、審査員に7部門の受賞者をそれぞれ投票してもらい決定した。なお、年間大賞ということで審査会では激論が交わされ、「作品賞」など4部門の候補として存在感を示した『ゆとりですがなにか』の岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥に、審査員たっての希望で「審査員特別賞」が贈られた。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。

(コンフィデンス 17年3月6日号掲載)

(提供:オリコン)
2017/3/3 04:00 配信

「主演男優賞」を受賞した山田孝之
「主演男優賞」を受賞した山田孝之