ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

土日も受けれる「自動車安全教室」

 ペーパードライバー向けに、交通ルールのおさらいや運転感覚を取り戻すための講習を行う「自動車安全教室」。久しぶりのドライブに臨む際にはぜひ受けておきたいところだが、平日の日中は忙しくてなかなか足を運びづらい人も多いはず。そこで、ビジネスパーソンでも無理なく受講できる、土・日曜に都内で開催の講習やスクールを紹介しよう。

免許返納で得をする!?「運転経歴証明書」の特典とは

■MEGA WEB「トヨタ ドライバーコミュニケーション」

 トヨタ自動車が運営する自動車のテーマパーク「MEGA WEB」(東京・江東区)では、受講料300円で約1時間のドライビングスクールを行っている。プロのインストラクターが同乗し、一人ひとりの運転レベルに応じたマンツーマンの講習をしてくれるので、運転に自信がない人、ペーパードライバーでも安心だ。日程はウェブサイトで発表され、開催日の2週間前から予約可能。各回先着6名までで、参加は一人1回まで。

■警視庁「四輪安全運転教室」

 警視庁の「交通安全教育センター」(東京・世田谷区)で開催する安全運転教室。平日(火~金曜)午前9時から午後4時のほか、8月を除く第1・3土曜にも同時間帯で実施している。対象は、東京都内に居住または勤務する65歳未満の免許取得者で、自分の車を持ち込める人。内容は交通安全ビデオなどを用いて行う講話、運転適性検査、狭路での走行や車庫入れなどの基本運転講習、事故を防ぐ運転方法の講習となっている。

■JAF「運転実技講習会」

 日本自動車連盟(JAF)では、全国のJAF関連施設や運転免許センター、自動車学校などで参加・体験型の運転実技講習会を主催。「初心者ドライバーズスクール」や「マンツーマン車庫入れ教室」、「センスアップドライビングスクール(車庫入れ・縦列駐車コース)」といった多種多様な講習会があり、受講者のレベルに合わせて選択できる。地域ごとの講習会は、JAFウェブサイト「運転実技講習会」のページで検索可能。土・日曜に行われる講習も多いので、チェックしてみよう。

■トヨタドライビングスクール東京「ペーパードライバー講習」

 トヨタが運営する自動車学校「トヨタドライビングスクール東京」(東京・立川市)が開催する講習会。2時間または4時間のコースから選択できるほか、車種(マニュアル車/オートマ車)、場所(スクール敷地内/路上/高速道路)もチョイスできる。基礎からおさらいしたい人、駐車練習を集中的に行いたい人、高速道路走行の練習をしたい人など、希望に合わせた講習を受講できる。価格は2時間コースの場合、税込1万7486円。ただし8月・12~3月は同2万1600円となるので要注意。

■調布自動車学校「ペーパードライバー教習」

 「調布自動車学校」(東京・調布市)が行うペーパードライバー向け教習。2時間コース(税込1万6200円)の教習のほか、みっちり練習できる10時間パック(同5万4000円)もある。自宅周辺やよく買い物に行く場所など、参加者の生活圏を実際に走行できる点もポイント。自分がよく走る道で、技能面や危険予測についてインストラクターがアドバイスしてくれる。

 一概に「安全教室」と言っても、内容はさまざま。自分のレベルや目的に合うレッスンをみっちり受けて、ペーパードライバーを脱却してみてはいかがだろうか。

(吉 成子)

(提供:オリコン)
2017/3/4 09:50 配信

土・日に都内で開催されている「自動車安全教室」を5つ紹介(写真はイメージ)
土・日に都内で開催されている「自動車安全教室」を5つ紹介(写真はイメージ)