ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

形を変えて愛され続ける文房具たち

 毎年、新年度の時期には、必ずと言っていいほど注目を浴びる“文房具”。最先端の機能を搭載した最新グッズから、いつの時代にも愛され続けるパーマネント商品まで、老若男女を問わず関心は高い。一方最近では、“文房具の形をしているが、別の用途に使うグッズ”が続々と登場し、人気を集めている。たとえば、クレヨンで有名なサクラクレパスでは、さまざまな商品とコラボしており、色鮮やかなクレパスデザインを使用したコスメやタオル、お酒、歯ブラシ、リュックなどが発売されていたり、フエキくんで知られる動物のりの容器の中に、ハンドクリームが入っていたりする。いったいなぜ、文房具のデザインがほかの商品でも使われ出始めたのだろうか?

【写真】再現技術に驚き!食べられる消しゴム

◆カラフルなコラボ商品が続々登場 人気を集める文房具コラボコスメ

 先のサクラクレパスでは、ほかにもカラフルに着色した「クレパス風ラムネ」や、同社の看板商品クーピーペンシルのイメージを取り入れたヒーターやゴルフグッズなど、さまざまなメーカーとのコラボ商品が発売されている。中でも、化粧品販売メーカー・クレアモード社のブランド・デコラガールとコラボしたコスメ商品が多くの女性からの注目を浴びている。

 「カラーメイクが中心となるデコラガールブランドでも、発色を楽しみながら個性的なコスメも楽しんでほしいと思っています。お肌はキャンパスです。子どもから大人になったときに、“文具からコスメに変わる”のを狙ったコラボです」(クレアモード・企画開発担当者)

 カラーバリエーションも豊富で、発色も美しく、クーピーやサクラクレパスのイメージそのままのカラーマスカラやアイライナー、ペーパーチークなどを多数発売している。さらにデコラガールは、寺西化学工業のマジックインキやシードの消しゴムなど、定番文房具ともコラボしており、多くのコスメ商品を開発しているのだ。

◆普遍的な魅力 世代を超えて引き継がれる文房具デザイン

 では、なぜ数あるモチーフ、デザインがある中で“文房具”のデザインに目をつけたのだろうか?
「クーピーやクレパスのPOPなデザインは、誰でも知っている変わらないデザインです。子供のころ使っていたのと同じデザインのものを、自分の子供たちも使う。どこか、あたたかいデザインと柄は、日本の文具メーカーならではだと思います」(同)

 こうした文房具用品は、いずれも学生時代には最も身近にあった必須アイテムであり、誰もが知っているし、誰もが同じように使っていたものだ。Twitterでは大人たちが、「#20代を懐かしさでしめやかに爆発四散させる」「#懐かしいものを呟いてTLを90年代にする」などのタグで、学生時代に親しんだアイテムの画像をアップし合って、その懐かしさを楽しんでいる。

◆形が変わって再び手にとって楽しめる “懐かしさ”と同時に“癒し”も?

 それだけに本来の用途からかけ離れた商品とコラボされると、その“ギャップ力”も強烈で、インパクトや話題性には事欠かない。また、大人になってからは使う機会が無くなってしまったものを実用的に使用できることで期待もあり、注目度も自然と高まるようだ。誰もが“共通して感じる”懐かしさだけに、SNSでも反応がよく、情報交換としても大いに盛り上がれるのだろう。

 こうしてみると、最近は昨年発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』や、初期のポケモンを集める『ポケモンGO』の人気などを見てもわかるように、20代以上の大人がちょっとした“懐かしさ”を求めてブームを起こしているようだ。かつて、子どものころに楽しんだアイテムが大人になって使えなくなっていたところに、形は変われど、また手に取って楽しむことができるという商品は、今の大人たちにとっては“懐かしさ”であると同時に“癒し”でもあるのかもしれない。

(提供:オリコン)
2017/3/5 08:40 配信

見た目は文房具、キュートな文具コラボグッズたち
見た目は文房具、キュートな文具コラボグッズたち