ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

渡辺麻友が“平成の阿部定”に!?

 人気アイドルグループ・AKB48の渡辺麻友が、テレビ朝日の深夜ドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』(4月スタート、毎週日曜 深0:40~1:10※関東地区、及び一部地域で放送)に主演することがわかった。企画・原作は、秋元康氏が担当。渡辺は、純愛を貫くがゆえに、“阿部定”のように男性の下腹部を切断してしまう、未だかつて無いセンセーショナルなヒロインを演じる。

主演女優投票で40人の頂点に立った渡辺麻友

 1936(昭和11)年、世間を騒がせた“阿部定事件”。仲居の阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断した衝撃的な事件は、のちに数々の小説や映画の題材にもなり、約80年が経って時代が変わっても、引きつけられるものがある。それは、単なる猟奇殺人ではなく、純愛が行きついた果ての犯行だったからにほかならない。

 今回のドラマは、渡辺ふんする主人公・桐山さおりが、“純愛を貫き通すため”“理想の男性に裏切られた復讐のため”“愛の方向性がズレたため”…、出会ったサイテー男たちに思いきり鉄槌を下していくショッキングな“愛の物語”でありながら、ただただ不器用な愛に突進し、砕け散っては、さまよい続けるヒロインの姿を描くコメディーでもある異色作。

 そんな斬新な物語を紡いでいくのは、新進気鋭の脚本家・喜安浩平氏。劇団の主宰者、俳優、声優、演出家、作家などさまざまな顔を持ち、脚本として参加した映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)では、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した。

 ドラマは1話完結形式で、毎回、清楚な印象のさおりにひかれる男性が登場。2人は交際をはじめるが、実は、相手は妻帯者だったり、酒乱だったり、DV男だったり…。そんな男たちの本性がバレた時、さおりは豹変し、事件が起きる。

 渡辺は、AKB48グループメンバーが各話で主演を務めた、『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月~9月)の主演女優バトルで第1位に輝き、この連続ドラマの主演権をゲット。「お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化? 私が平成の阿部定?! いままで演じた事のない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります。純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆さまに刺激的な夜をお届けしたいと思います」と経緯を明かした渡辺。

 杉山登プロデューサー(テレビ朝日)は、「理想の純愛を求める彼女と下心を隠した男たちとの恋の駆け引きは、おかしくて、かわいくて、そしてすごく…コワいです。喜安氏が書く刺激的なせりふを渡辺麻友がどう演じるのか、スタッフみんながいまからドキドキしています。究極の愛に生きる“大人のまゆゆ”をどうぞお楽しみに」とコメントを寄せている。

 放送直後より、auの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」で配信もされる。

(提供:オリコン)
2017/3/4 05:00 配信

AKB48・渡辺麻友がテレビ朝日の深夜ドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』に主演。“純愛を求めてさまよう女”に挑む(C)AKS
AKB48・渡辺麻友がテレビ朝日の深夜ドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』に主演。“純愛を求めてさまよう女”に挑む(C)AKS