ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

長瀬智也、池井戸潤原作映画に主演

 人気グループ・TOKIOの長瀬智也(38)が、池井戸潤氏の原作を映画化する『空飛ぶタイヤ』(2018年公開)に主演することが5日、わかった。『半沢直樹』『下町ロケット』『花咲舞が黙ってない』『民王』など、多くの池井戸作品がドラマ化されてきたが、映画化は今回が初めて。自動車会社のリコール隠しを描き、巨大企業と戦う運送会社の社長を演じる長瀬は「役の年齢と近いこともあり、共感できる部分がたくさんありました」とコメント。「社会へ勇敢に立ち向かう役をいただき、とても光栄に思います。そして、僕はいつも通り本気でやるだけです」と意気込んでいる。

【写真】『半沢直樹』などで知られる人気作家・池井戸潤氏

 累計120万部突破した『空飛ぶタイヤ』(講談社文庫/実業之日本社刊)は、池井戸氏本人が「僕はこの物語から、『ひとを描く』という小説の根幹を学んだ」というほど思い入のある作品。2009年にはWOWOW「ドラマW」シリーズで映像化された。

 映画版でメガホンをとるのは、『超高速!参勤交代』シリーズの本木克英監督。「池井戸作品の最高傑作と言われる本作を映画化する機会を得られて、とても興奮しています」と喜び、初タッグを組む長瀬について「情熱や男気を発散するだけでなく、内に秘める表現もできる稀有な俳優です」と期待を寄せた。

 ある日突然起きたトラックの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)は、トラックの欠陥に気づき、製造元・ホープ自動車に再調査を要求する。遅々として進まない調査にいら立ち、自らの足で調査を開始すると、そこには大企業によるリコール隠しが存在した。

 池井戸氏は「人の命を軽視し、社会を欺き、自らは保身に走る――巨大企業の腐りきった内情と、会社の常識は世間の非常識を地でゆくエリート社員たち。そんな彼らに挑むのは、四面楚歌の運送会社のオヤジ、赤松徳郎です」と作品について説明し、「主演の長瀬智也さん始め、出演者の皆さんの演技がいまから楽しみです。頑張れ、赤松! そう心から応援できる映画になることを期待しています」とコメントを寄せた。

(提供:オリコン)
2017/3/6 04:00 配信

長瀬智也主演で映画化される池井戸潤氏『空飛ぶタイヤ』
長瀬智也主演で映画化される池井戸潤氏『空飛ぶタイヤ』