ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

関テレ、夕方の顔に平成生まれ就任

 27日よりスタートする関西テレビ『みんなのニュース 報道ランナー』(月~金 後4:47~)のメインキャスターに入社6年目を迎える“平成生まれ”の新実彰平アナウンサー(27)が就任する。在阪局では最年少の“夕方の顔”となり、同局史上でも山本浩之アナの29歳での就任を抜いて最年少での夕方ニュース番組のメインキャスター起用となる。

【別カット】フレッシュさを武器に…新実彰平アナ

 京都大学法学部卒業の新実アナは、小4から大学4年まで野球部一筋。大学4年の時には、関西学生連盟で首位打者・ベストナインを獲得。2012年に同局に入社以降、現在は『みんなのニュース ワンダー』フィールドキャスター(月・火 午後4:47)を担当しており、2014年には第30回FNSアナウンス大賞・アナウンス賞(新人部門)、2016年には第32回FNSアナウンス大賞を当時最年少での最優秀賞受賞を果たすなど確かな実力を持つ。

 オファーを受け「いつかはやりたいと思っていた仕事でしたが、自分がイメージしていたよりもかなり早くその時が来た印象でした」と驚いた様子。「でも、いろんな人と話すうちに、『これだけのチャンスを頂いたのだから絶対に応えないといけない』と腹をくくれるようになりました」と決意表明。

 自身のセールスポイントについて「『落ち着いてるね』とよく言われます。自分では緊張していたり、足が震えていたりするんですが、あまり感じられないと。そのせいで、『若々しさがない』と言われることもあります」と苦笑。「言葉や表情は冷静で落ち着いていても、心に熱いものを秘めたキャスターになりたいです」と力を込める。

 「野次馬精神でニュースを扱うようなことはしたくありません。『このニュースで視聴者に何を伝えるのか』『この伝え方で見た人の命は守れるのか、生活は豊かになるのか』など、常に自問自答しながら、冷静な言葉の中に思いを込めていきたいと思います」と使命感に燃えている。

 岸本陽介プロデューサーは新実アナについて「『報道ランナー』の名にふさわしい現場主義のキャスターで、視聴者の皆さまに伝えたいという熱い思いを持っている。そのあふれる思いを言葉に、表情に、込められる力を持っているから」と起用理由を説明。「若さゆえ失敗も重ねることでしょう。背伸びをせず、等身大の若者の言葉でニュースを伝えてもらえれば」と期待を込めている。

(提供:オリコン)
2017/3/9 06:00 配信

27日よりスタートする関西テレビ『みんなのニュース 報道ランナー』(毎週月~金曜 後4:47~)のメインキャスターに新実彰平アナウンサーが就任 (C)関西テレビ
27日よりスタートする関西テレビ『みんなのニュース 報道ランナー』(毎週月~金曜 後4:47~)のメインキャスターに新実彰平アナウンサーが就任 (C)関西テレビ