ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

映画『東京喰種』公開は予定通り

 宗教団体『幸福の科学』へ出家した清水富美加(22)がヒロインを務める映画『東京喰種 トーキョーグール』が、当初予定通り7月29日に全国公開する。14日、公式サイトで「皆様へのご報告が遅れましたこと、お詫び申し上げます」と謝罪の言葉とともに発表された。

【画像】映画『東京喰種』で髪の毛を30センチ切った清水富美加

 サイトでは「この度のキャストに関する一連の報道を受け、映画『東京喰種 トーキョーグール』について、多大なるご心配をお掛けしております。皆様へのご報告が遅れましたこと、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪し、関係各所との協議の結果、当初予定の内容通り7月29日に全国公開することを報告した。

 「喰種(グール)と人間のドラマ、作品の持つ強いテーマを、映画を通して伝えたい。その想いは、決して変わることはありません。私たちの想いは、すべて映画に込めました」と思いを記し「石田スイ先生をはじめ、キャスト、スタッフ皆で作り上げた、この映画を一人でも多くの方に届けたいと思っています」と呼びかけている。

 同作は、2011年の発表以来、累計発行部数2200万部を超える人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』の実写映画化。食物連鎖の頂点とされるヒトを狩る怪人“喰種(グール)”がばっこする東京を舞台に、ある事件がきっかけで半喰種となってしまった主人公・金木研(カネキ/窪田正孝)が、人間と喰種、2つの世界を知る唯一の存在として両者の衝突が激化する中、葛藤する姿を描く。そのほかのキャストとして鈴木伸之、蒼井優、大泉洋らが名を連ねている。清水はヒロインを演じ、髪を30センチばっさり切って役作りしていた。

 清水に関しては、ドラマ・映画『笑う招き猫』、映画『暗黒女子』も予定通り公開。映画『泥棒役者』については石橋杏奈(24)が代役で出演シーンは撮り直しとなった。

(提供:オリコン)
2017/3/14 18:11 配信

清水富美加 (C)ORICON NewS inc.
清水富美加 (C)ORICON NewS inc.