ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

伊東四朗ら“同僚”渡瀬さん追悼

 今月14日午後11時18分に多臓器不全のため都内の病院で亡くなった俳優の渡瀬恒彦さん(享年72)とドラマ『十津川警部』シリーズ(TBS)で共演した“同僚”で俳優の伊東四朗(79)をはじめ、『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日)の共演者が追悼のコメントを発表した。

【写真】渡瀬恒彦さんの元妻…女優の故・大原麗子さん

 訃報を受け伊東は「私よりずっと若い渡瀬さんが亡くなったことにショックを受けてます。来月ドラマでご一緒するはずでした。『お早うございます』ではなく『お帰りなさい』と言うつもりでしたのに『さようならになるとは…』」とつらい胸中を吐露。「十津川シリーズの五十四本は忘れらない財産です。お世話になりました」と渡瀬さんにメッセージ。

 4月からスタートする『警視庁捜査一課9係』の新シーズン「season12」(毎週水曜 後9:00 テレビ朝日)で“同僚”の羽田美智子(48)は「渡瀬さんの存在が偉大すぎて、今はまだこの気持ちにどう整理がつくのか分かりません。ただただ、渡瀬さんのことが大好きで悲しいです」。田口浩正(49)は「現場で渡瀬さんが見てくれている安心感と緊張感。みんなを思いやる渡瀬さんの後ろ姿忘れません。本当にありがとうございました」と感謝した。

 なお、テレビ朝日は4月からスタートする『9係』の新シーズンについて、予定通り放送することを発表。「『警視庁捜査一課9係』を始めとする弊社番組に長年に渡りご出演いただいた俳優の渡瀬恒彦さんがお亡くなりになったことの連絡を受けました。突然の訃報に、今はただただ驚き、言葉もありません。弊社の作品には長年にわたり多数ご出演いただき、心からの感謝とご冥福を祈るばかりです」と渡瀬さんを追悼した。

 そのほかにも、俳優の原田龍二(46)女優の細川直美(42)、藤原紀香(45)、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)ら共演者もブログで、渡瀬さんをしのび、兄で俳優の渡哲也(75)は石原プロモーションを通じ「当初よりステージIV、余命1年の告知を受けておりましたので、今日の日が来る覚悟はしておりましたものの、弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」とつらい胸中を吐露。「幼少期より今日に到るまでの二人の生い立ちや、同じ俳優として過ごした日々が思い返され、その情景が断ち切れず、辛さが募るばかりです」と記した。

 映画デビュー作『REX 恐竜物語』(1993)やTBS系2時間ドラマ『世直し公務員ザ・公証人』シリーズなどで数多く共演した安達祐実(35)は15日に都内で行われた会見で「子どもの頃、映画デビュー作で共演させていただいたのですが、『人として』ということを教えてもらった。お父さんやお母さんが教えてくれるような、食事の仕方やあいさつ、基本的なことを教えてもらった。大人になってからも渡瀬さんに言っていただいたことを思い出します」と回顧。

 近年は連絡をとっていなかったそうだが、自身が体調の悪い日にマネージャー伝てで心配をしてくれていたといい「『健康には気をつけなさい』と。いつもお父さんみたいな存在だったので寂しいです…」としぼりだしていた。

 渡瀬さんは1970年に石井輝男監督『殺し屋人別帳』でデビュー。ドラマ『十津川警部』シリーズ(TBS)『おみやさん』(テレビ朝日)をはじめ、映画『仁義なき戦い』シリーズなど多くのドラマや映画で活躍した。プライベートでは、73年に女優の故・大原麗子さんと結婚したが78年に離婚し翌79年に、い保さんと再婚。2015年から胆のうがんで闘病中だった。

(提供:オリコン)
2017/3/17 04:00 配信

渡瀬恒彦さんを追悼した(左から)市川海老蔵、伊東四朗、安達祐実 (C)ORICON NewS inc.
渡瀬恒彦さんを追悼した(左から)市川海老蔵、伊東四朗、安達祐実 (C)ORICON NewS inc.