ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ゆず、朝刊広告で相方にメッセージ

 人気デュオ・ゆずの北川悠仁と岩沢厚治が、きょう20日付の朝刊広告を通じて“相方”に向けたメッセージ送った。

【画像】3月20日付読売&朝日新聞朝刊広告紙面

 朝日新聞には北川からな岩沢へ、読売新聞には岩沢から北川へのメッセージが、お互いから見た横顔のライブ写真とともに全面(15段)で掲載されている。

 このメッセージ広告は、きょう20日にBS民放5局(BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ)で放送される共同特別番組『ハレブタイ!ゆずとハタチでつくる”ありがとうコンサート”』(後5:00~7:54)を記念したもの。

 番組告知でアーティストが異なる新聞でメッセージ広告を出稿するのは異例。ゆずの2人がこうしたメッセージをそれぞれ発信したこともこれまでにないという。

■岩沢から北川へのメッセージ(読売新聞)
僕が一人で路上ライブをしていた時、
「一緒にやろうぜ」
と言われた時のことはよく覚えている。
一人より二人の方が
面白そうだし、心強いし。
夜の街は怖いから。
――ゆず 岩沢厚治

■北川から岩沢へのメッセージ(朝日新聞)
ゆずは二人で向き合うことはない。
ずっと二人で前を向いているから。
隣りにいることが自然。
伊勢佐木町の路上で歌っていた
あの頃からずっと。
――ゆず 北川悠仁

(提供:オリコン)
2017/3/20 15:31 配信

朝日新聞(左)と読売新聞(右)の広告でメッセージ交換したゆず
朝日新聞(左)と読売新聞(右)の広告でメッセージ交換したゆず