ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

自動車保険の保険金請求方法

 交通事故が起きたときは、どんな人でも動揺してしまう。できる限り落ち着くように心がけ、冷静な対処を行うことが大切だ。いざというときの対処の流れと、保険金請求時の必要書類について紹介する。

自動車にまつわる新税制まるわかり! エコカー減税は燃費基準が厳格化

■事故発生時、どんな行動を取れば良い?

 事故を起こした際、保険会社へ連絡することも大事だが、相手がいる事故の場合は、被害者の救護が何よりも最優先だ。その後、二次被害などを防ぐために道路の安全確保をする。車を安全な場所へ移動し、三角表示板の設置を行なうなど、必要に応じた対応を取ろう。

<事故発生から保険会社へ連絡するまで>
(1)被害者を救護する
(2)車を安全な場所へ移動する
(3)警察へ連絡する
(4)相手の氏名や連絡先、車・バイクの損害状況、車のナンバーや車種などを確認する 
(5)事故の状況をメモして、保険会社へ連絡する

 保険会社へ連絡する前に相手の氏名や連絡先を確認するが、その際に当事者同士で示談などを行ってはいけない。保険会社の承認がないまま安易な約束をすると、保険金の一部、あるいは全額を払ってもらえなかったり、相手とのトラブルの原因になったりする可能性がある。

■保険金の支払いに必要な書類とは

 保険金の支払いは、原則、必要書類がそろってから行われるため、書類を準備し、保険会社に提出しなければいけない。請求に必要な書類は保険の種類によって異なるが、代表的なものは以下のとおりだ。

<保険金請求に必要な主な書類>
保険金の請求書/交通事故証明書/示談書/修理費見積書/事故車両の写真/契約車両の写真/医師の診断書/診療報酬明細書/休業損害証明書など

 交通事故証明書は保険会社が取り付けするなど、すべての書類を自分で用意するとは限らない。また、車両事故や対物事故などの物損事故では「保険金の請求書」を省略できる(図表参照)。

 保険会社は、保険金の迅速な支払いのために、保険金請求書類の提出を省略し、早い事故解決と保険金の支払いを目指す。

 請求完了日から支払いまでの期間は保険の約款で定められており、速やかに処理されることとなっている。なお、当然ながら、書類提出を怠ったり、事実と異なる記載をした場合は、保険金が少なくなる場合もあるため注意したい。

 事故は遭わないに越したことはないが、万が一、事故に遭ったり、事故を起こしたりしたときは、その後の早い解決が必要だ。そのようなときにこそ、自動車保険の補償と保険会社のサポートが助けてくれるはず。ただし、保険会社によって対応は異なるため、加入を検討している、または加入している保険会社にあらかじめ確認をしておこう。

【文/稲森真美】
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。相続や年金、教育費など、生活に密着したお金に関する話をわかりやすく伝えるためにライターとして活動中。

【監修/SAKU】

(提供:オリコン)
2017/5/19 09:20 配信

【図表】保険金請求に必要な主な書類一覧
【図表】保険金請求に必要な主な書類一覧