ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

車買取で愛車を高く売る5つのコツ

 愛着のある車を売るとなれば「良い人に乗ってもらいたい」と思うものだが、その思いと同じくらい「高く売りたい」と思っているのも本音だろう。ここでは、「車買取で高い評価を受ける車とは?」「どうすれば車買取で高値が付くのか?」といった疑問に答える。

“車買取”の利用時に気をつけたい「トラブル」とは? 対処法も併せて紹介

■高価買取のコツ1 値段が折り合ったら、決断は早く

 車の買取で重要な評価ポイントになるのが「年式」。各社が切磋琢磨しながら次々と新しい商品を世の中に送り出すため、売るタイミングを逃すとあっという間に「古い車」になってしまう。中古車は、その時点での市場価値以上の価格では売れないので、「このくらいで売れたらいいな」という目標価格に合致する査定額が出たら、すぐに決断するようにしよう。人気の車種を人気があるうちに、走行距離が短いまま売却するのが「中古車を高く売る」ための最良の策だ。

■高価買取のコツ2 査定前には掃除と洗車を

 車を売るからといって急いで洗車をしても、評価額への影響など、たかが知れていると思っているだろうか。確かに、車の掃除や洗車の有無によって、評価ポイントが大きく変わることはないかもしれない。それでも、最低限の洗車と掃除はするべきだといわれている。

 その理由は、査定を行う人に与える印象が違うからだ。査定士も人間だから、最初に車を見たときの印象は、少なからず査定に影響する可能性がある。ホコリや泥汚れがこびり付いたままの車を査定士が見れば、「車を大事にしていないのではないか」「メンテナンスをしない持ち主かも」というマイナスイメージを抱くだろう。逆に、きれいに磨かれて光沢のあるボディの車なら、「扱いが丁寧だ」「大切に乗っていたんだな」というプラスイメージにつながる。

 こうした心理への影響が、無意識のうちに査定額を左右することは十分あり得る。過度にお金をかける必要はないが、最低限の掃除と洗車はしておくことをお勧めする。なお、内装に関しては、査定額に直結する部分が幾つかある。

<におい>

 車内の臭いに敏感な人は多く、たばこやペットの臭いのほか、香水、芳香剤などを嫌う人もいる。車内は、臭いがこもりやすく残りやすいため、市販の消臭剤などで対策をしよう。染み付いてしまったフロアマットの臭いは、洗剤を溶かした水につけてからすすぎ洗いをして天日干しするか、家庭用洗濯機で洗うと軽減される。

<シートの破れ、汚れ>

 シートが経年劣化するのはやむを得ないので、わずかなスレや色褪せ程度で査定がマイナスになることはない。砂や土の汚れを拭き取る程度でいいだろう。しかし、明らかに何かをこぼした跡がそのままになっていたり、大きく破れていたりするのは減点対象だ。とはいえ、無理にこすったり、素人の手で縫い合わせたりすると、逆に目立ってしまう可能性があるためお勧めできない。

車を査定に出す前には、外装だけでなく内装も一通りチェックし、車内の消臭や、フロアマット・シートの汚れなどに気を配ろう。

■高価買取のコツ3 事前に下限額を調べておく

 初めて車を売る場合、「いくらで売れたら適正価格だといえるのか」という、中古車市場における自分の車の相場を事前に調べておく必要がある。相場を知らずに査定に出すと、提示された金額と適正価格にギャップがあっても、気付くことができないからだ。

 相場を調べるためには、中古車情報サイトなどを見たり、中古車販売店やディーラーに足を運んで下取り価格を調べたりするといいだろう。次に、一括査定サイトを利用して複数の会社から見積もりを取り、自分の車の価値を把握する。こうして集めた事前情報を基に自分の車に付けられる「下限金額」を割り出しておけば、売りたいと思う会社に価格交渉をし、最も条件の良いところに買い取りを依頼することができる。

■高価買取のコツ4 車の「需要月」を見極める

 中古車には、需要が高まる時期とそうでない時期がある。車を高く売りたいなら、「需要が高まる時期」を見極めた上で、その時期の少し前に売るのがポイント。販売店は需要の高まる月に備えてラインナップを充実させるため、高めの査定額が付きやすいといえる。突出して需要が高い時期は、新生活に備えて車を購入する人が増加する3月だ。ほかには、ボーナス月である6月、12月や、行楽シーズンであり中間決算期でもある9月も需要は高めとなっている。

 逆に、中古車販売店の閑散期に当たる4月、5月、8月は「価格を下げて1台でも多く売ろう」という時期で、買取価格も下落しがちなので避けたほうがよい。車を少しでも高値で売却したいなら、市場動向を見極めて動くようにしよう。

■高価買取のコツ5 モデルチェンジ前に売る

 新型車が発売されると、旧型のモデルを売却して新しい車に乗り換えようというニーズが増加し、中古車市場の供給が過多になる。また、愛車だけでなく愛車のライバル車がフルモデルチェンジをした場合も、相場価格は下がる傾向がある。モデルチェンジの情報をつかんだら、その前にできるだけ早く売却するのが得策といえるだろう。

 ただし、モデルチェンジが行われる時期は決まっていないため、売り時を見極めるのは至難の業だ。「少しでも年式が新しいうちに売る」と考えて、年を越さないうちに売るというのも一つの手かもしれない。

■事前の準備こそ「高価買取」を実現する鍵!

 愛車を高値で売るためには、以下のような事前の下調べと準備をしておくことをおすすめする。

・相場を調べる
・相見積もりを取る
・洗車をし、掃除をする
・需要の高まる月を見極める

 きちんとした情報に基づいて、納得できる価格を付けてくれる業者に愛車を託すようにしよう。

(提供:オリコン)
2017/7/10 17:19 配信

車買取で高い評価を受ける車とは? ドライバーの気になる疑問を解決
車買取で高い評価を受ける車とは? ドライバーの気になる疑問を解決