ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

中村倫也、上田竜也のバディ役

 俳優の中村倫也が、テレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』(10月13日スタート、毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12)に、上田竜也(KAT-TUN)演じる主人公・七瀬のバディ役でレギュラー出演することが明らかになった。

【写真】テレ東の連ドラ初出演の大野いと、ほか出演者

 東京・新宿歌舞伎町にある質屋の店主で抜群の鑑定眼を持った七瀬が、「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリー。その質屋には、あらゆる物が持ち込まれる。時計やバッグ、果ては拳銃、クスリ、臓器まで…。なぜ、彼がこの街で質屋を経営しているのか? そこには歌舞伎町に潜む謎と隠された理由があった。

 映画・舞台などで幅広く活躍し、同局の深夜ドラマの常連(4月期・木ドラ25『100万円の女たち』、7月期・ドラマ25『デッドストック〜未知への挑戦〜』第6話ゲスト等)ともいえる中村が本作で演じるのは、ある出来事をきっかけに七瀬の下で鑑定士見習いとして働く大野健太。

 中村は「雑多でいろんなクセモノがいっぱい出てくる歌舞伎町という街が舞台で、皆ひと癖もふた癖もあって、その中でわりと普通の人という役割ですが、それだけだと面白くないなと思って。健太も健太なりのひと癖ふた癖、皆、生きていればあると思うので、それを探しながら、面白おかしくできたらいいなと思ってます」と、意気込みを見せる。

 上田とバディを演じる上で「凸凹コンビというか、物語の真ん中にいる人の2タイプだと思うんです。ヒーローと、いろんな出来事から成長していく人。七瀬がヒーローで、秘められた過去があり、健太はいろんな出会いがあって成長していく。上田さん演じる七瀬が主人公ですけど、二本軸になれたらいいなと。そういう意味で、混ざりすぎず離れすぎずというか、楽しいやりとりだな、と思います」と、イメージを膨らませていた。

 ほかに、七瀬と健太の前に現れる記憶喪失の謎の女性・水月華役に同局の連続ドラマ初出演となる大野いと。七瀬とは旧知の仲で、七瀬らが足しげく通うコリアンバー「エルドラド」のママ・宝生エリカ役に野波麻帆。「エルドラド」の従業員・楓役に工藤綾乃。

 歌舞伎町を仕切るマフィアのボス・王(わん)役に嶋田久作。歌舞伎町を見回る新宿西署の刑事で、目的のためなら手段を選ばない近藤昭人役に田中哲司。七瀬らが常連として通う餃子屋店主・シノブ役に同局のドラマ初出演となる夏木マリが決定している。

(提供:オリコン)
2017/9/7 07:00 配信

ドラマ24『新宿セブン』(10月13日スタート)中村倫也の出演決定(C)観月昴・奥道則/日本文芸社(C)2017「新宿セブン」製作委員会
ドラマ24『新宿セブン』(10月13日スタート)中村倫也の出演決定(C)観月昴・奥道則/日本文芸社(C)2017「新宿セブン」製作委員会