ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

窪田『僕やり』撮了で今野を祝福

 俳優の窪田正孝が6日、12日に最終回を迎える関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)をクランクアップした。爆破事件を起こしてしまった主人公・トビオ(窪田正孝)のほか、凡下高の生徒・伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)のうち、今野を残して3人が一足先に撮影を終えることに。最後残されてしまった今野は「どうですか皆さん! 僕だけお花もらえないんですよ!!」とロケを見学していた一般の方に嘆いて笑いを誘うと、あいさつを終えた4人とハグした。

【写真】間宮祥太朗、葉山奨之らもクランクアップ

 今野から「この現場、後は任せろ!(笑)」という言葉と共に花束を受け取った葉山は「こんなにあっさり終わるなんて…まだ実感がないです。でも、この4ヶ月こんなに自由に芝居をやらせてもらって、思いっきりできたのでうれしかったです」と充実の笑み。間宮も「アドリブが多かったので、このドラマを通して本当に意味のないセリフを言うのが上手くなったなって思います(笑)」と冗談めかしつつ、胸を張った。

 主役の窪田は「終わる気が全然しないんですけど。でも、この4人で駆け抜けてきたこの約4ヶ月を皆さんが支えてくださったからこそ、この『僕やり』ができたんじゃないかなと思います」としみじみ。「皆さんお一人お一人の力で支えてもらったことをすごく実感しましたし、いい経験をさせていただいたし、人としてもたくさん成長させてもらった気がします。終わるのは寂しいですが、“またどこかで会えるように”と願いながら明日から頑張りたいと思います!」と固く誓った。

 ここで終わらないとばかりに、しっかり今野のオールアップにも3人がサプライズで登場。最後のシーンをひとり撮り終えた今野のもとに、3人が「パイセン~!!!」と駆け寄り、抱きつくと今野は「車の中で待機してたの?!」とびっくり。窪田から花束を受け取り「いや~、若手たちを僕が引っ張りましたけど、本当に俺がなんとかしないとどうにもならないんだから、この3人は!」と照れ隠しつつ、「『あの関西弁は頑張ってたな』と思っていただけたらうれしいです。失礼しました!」と達成感をにじませた。

 また窪田たちより一日前にクランクアップをしたヒロイン・蓮子を演じた永野芽郁は、窪田から花束を渡され「すごい楽しみでしかない現場でした。現場に行くと逆にスタッフの皆さんからパワーをもらって頑張ろうと思える、原動力になっていた場所でした。自分自身、蓮子を演じることに少し不安もあったのですが、この役を演じることが出来て本当に良かったなって思っています」と瞳に涙を浮かべながら感謝を込めていた。

(提供:オリコン)
2017/9/8 16:00 配信

クランクアップを迎えた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』に出演する(左から)窪田正孝、永野芽郁(C)関西テレビ
クランクアップを迎えた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』に出演する(左から)窪田正孝、永野芽郁(C)関西テレビ