ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ビートたけし&池上彰による戦後史

 フジテレビ系できのう9日夜から放送中の長編特別番組『FNS27時間テレビ』。31年目を迎える今年は “にほんのれきし”をテーマに、バラエティー、ドラマ、情報、スポーツ、アニメの特別番組を放送しているが、きょう10日午後6時55分頃からの『池上彰が見た!たけしと戦後ニッポン』では、戦後時代「昭和・平成」を映像で振り返り、現在そして未来へとつなげる。

【写真】村上信五、高島彩も出演

 総合司会を務めるビートたけし(70)は、1947年生まれ。終戦から2年後に生まれたたけしの人生は、まさに“戦後復興”とともにあった。戦後の混乱期、東京オリンピック、三種の神器(電化製品)、東京タワー完成、天皇陛下・美智子さまご成婚、高度経済成長、安保闘争、あさま山荘事件、三億円事件、ロッキード事件、バブル経済…など、日本を変えた事件の数々を貴重な映像で振り返り、たけしの人生と戦後のエピソードをリンクさせながら、ジャーナリストの池上彰氏が丁寧に解説していく。

 昭和の犯罪史に残るさまざまな事件に偶然にも関わっていたというたけし。連続射殺事件を犯した永山則夫と同じバイト先で働いていたり、三島由紀夫の自殺事件現場の近くにいたり、大火災のホテルに紙一重で宿泊するところだったり…。

 たけしがまさに当事者だった事件にも言及。 当時、賛否両論さまざまな議論を引き起こし、社会現象にまでなった写真週刊誌ブームの鎮静化にもつながったという「フライデー襲撃事件」(1986年)。その経緯を池上解説も加えて解き明かす。なぜ事件は起きたのか、今までほとんど知られることのなかった別の理由、事件の背後にいた謎の人物の正体も明らかに…。そしてその後パパラッチされないようたけしが実践したとある作戦とは? 

 そして、半身不随になるかもしれなかったほど生死の境をさまよった「バイク事故」(94年)。映画監督として海外で評価されるようになった頃で、それまでバイクに乗ることなどほとんど無かったたけしがなぜ急にバイクを購入したのか? あの夏の夜、なぜ深夜にバイクに乗り、権田原の見通しのいい緩やかなカーブでガードレールに突っ込んだのか? 今も続くという病院で目が覚めた瞬間の悪夢、入院中の心境、そして事故をきっかけに変化したことなどもたけしは話していく。

 また、NHKの事件記者時代の池上氏の貴重な現場話も数多く飛び出す。80年に、山梨・幼児誘拐殺人事件、富士山大規模落石事故、静岡駅前地下街ガス爆発事故、新宿西口バス放火事件と数週間で立て続けに起こった大規模事件に連続で駆けつけたエピソードや特ダネを取った数々の逸話など、見ごたえ聞き応えたっぷりの内容でグランドフィナーレを迎える。

(提供:オリコン)
2017/9/10 12:05 配信

『FNS27時間テレビ』グランドフィナーレ『池上彰が見た!たけしと戦後ニッポン』では総合司会のビートたけし(右)とジャーナリストの池上彰氏(左)が昭和と平成を振り返る(C)フジテレビ
『FNS27時間テレビ』グランドフィナーレ『池上彰が見た!たけしと戦後ニッポン』では総合司会のビートたけし(右)とジャーナリストの池上彰氏(左)が昭和と平成を振り返る(C)フジテレビ