ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

朝井リョウ氏の『何者』初舞台化

 ジャニーズJr.の阿部顕嵐(Love-tune)の主演で、直木賞を受賞した朝井リョウ氏の小説『何者』(新潮文庫)が、今秋、初舞台化される。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生たち。お互いを励まし合いながらも、友情、恋愛、裏切りといったさまざまな感情が交錯する物語は、舞台上でどのように展開されていくのか。

【写真】出演者(一部除く)の写真

 昨年、佐藤健主演で映画化された『何者』。舞台版で、主人公・二宮拓人を演じるのは、今月3日まで、ミュージカル『魔女の宅急便』に出演していた阿部。「初めての外部舞台の主演、そして『何者』の拓人役を演じると聞かされた時は、驚きと喜びが混じり合った複雑な気持ちになりました。拓人役を他の“何者”でもなく僕が演じて良かったと言っていただけるように、拓人の人生を生きて全力で役と向き合いたいと思っています」と、意気込む。

 演出家の丸尾丸一郎氏(劇団鹿殺し)は「阿部さんとは初めてだが、拓人役に通じる繊細な雰囲気と内に秘めた熱い心を感じ、一緒に作り上げていく作業に今からワクワクしている」と、期待を寄せた。

 共演は、留学帰りであらゆることに意識が高い女子大生・小早川理香役に美山加恋。理香と同棲している彼氏で、自分はクリエイティブな活動で生きていきたいと思っている青年・宮本隆良役に外部公演初出演となるジャニーズJr.の長妻怜央(Love-tune)が決定。また、拓人とルームシェアをしている元バンドマン神谷光太郎役に鈴木勝大。光太郎の元カノで、拓人が片思いしている田名部瑞月役に宮崎香蓮。拓人のサークルの先輩で大学院に通うサワ先輩役に小野田龍之介。

 原作者の朝井氏は「『何者』を執筆していた頃とは、作品に出てくる【就職活動】や【SNS】等のキーワードを取り巻く環境は大きく変化しています。そんな中、小説、映画、舞台と作品自体も変化できる機会に恵まれたことをとても幸せに思います。キャスト・スタッフの方々が『何者』をどのようにアップデートしてくださるのか、期待しています」とことばを寄せている。

 舞台『何者』は東京・天王洲銀河劇場で11月25日~12月10日に上演。 

(提供:オリコン)
2017/9/10 13:50 配信

朝井リョウ氏の直木賞受賞小説『何者』ジャニーズJr.・阿部顕嵐(Love-tune)主演で初舞台化決定
朝井リョウ氏の直木賞受賞小説『何者』ジャニーズJr.・阿部顕嵐(Love-tune)主演で初舞台化決定