ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

風間俊介『陸王』銀行員役で短髪に

 俳優の風間俊介が、TBSで10月期に放送される日曜劇場『陸王』(毎週日曜 後9:00)に銀行員役で出演することがわかった。役づくりのため風間は「髪が耳にかからないよう言われたので、久しぶりにバッサリ」髪を切り、「一人一人が命がけで自分の仕事に立ち向かっているので、僕もこのドラマを本当に命がけでいきたい」と意気込んでいる。

【写真】『陸王』に主演する役所広司

 「半沢直樹」シリーズや『民王』などのベストセラー作家・池井戸潤氏の『陸王』(集英社)を役所広司主演でドラマ化。創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所)が、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発に挑む企業再生ストーリー。

 風間が演じる埼玉中央銀行融資課の銀行員・坂本太郎は、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩むこはぜ屋の将来を考え、新規事業を始めるべきだと宮沢に提案するキーパーソン。坂本は企業の大小関係なく人とのつながりを大切に考える銀行員で、若いが遠慮せず物言いをする芯の強さと、改善点を的確に指摘する知性、そして何よりも熱い情熱を持った人物だ。銀行員役は初となる風間が、その熱い思いをどう演じるのか注目だ。

 本作の演出を担当する福澤克雄氏は、1999~2000年に同局で放送された『3年B組金八先生』第5シリーズに参加しており、演技を始めて間もない頃の風間を知る。2人のタッグは01~02年放送の『金八先生』第6シリーズ以来、約16年ぶりとなる。風間は「(福澤さんのことを)本当に自分のお芝居の師匠だと思っているので、原点に返りつつ、一緒に仕事をしていない間にこれだけのことをやっていたんだということを見ていただければと思っています」と感慨もひとしおだ。

 坂本と同じ埼玉中央銀行・融資課長の大橋浩を、日曜劇場に3度目の出演となる馬場徹が演じる。大橋は坂本が推進するこはぜ屋の新規事業に対して懐疑的な見方をする人物。しかし、「陸王」の開発をあきらめないひたむきな宮沢たちの姿勢に徐々に共感していく。馬場からも「大橋は、出世や己の利益のために生きる銀行マン。しかし、自分なりの正義も持ち合わせているある意味人間くさい人物だと思います。自分でもどこまで役を成長させられることができるんだろうと限りない可能性を感じさせてくれるキャラクターです」と、期待いっぱいのコメントが届いている。

 また、埼玉中央銀行行田支店の支店長・家長亨役には、民放連続ドラマ初出演となる落語家の桂雀々が決定。家長は銀行の看板を鼻先にぶら下げたような男で、中小零細企業をバカにしているようなところがある。こはぜ屋の新規事業を応援する坂本とは方針が合わず面白く思っていない。役者としても活躍する落語家の桂が、卑怯な手を使う家長をどのように演じるのか、がぜん期待が高まる。

(提供:オリコン)
2017/9/11 05:00 配信

日曜劇場『陸王』(10月スタート)に馬場徹(左)、桂雀々(右)の出演も決定(C)TBS
日曜劇場『陸王』(10月スタート)に馬場徹(左)、桂雀々(右)の出演も決定(C)TBS