ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

瀬戸康史、初の月9で女装美男子に

 俳優の瀬戸康史が、来年1月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『海月姫(くらげひめ)』に出演することが7日、明らかになった。主演・芳根京子演じる “クラゲオタク女子”倉下月海(つきみ)が新しい自分、新しい生き方を見つけるきっかけとなる人物・鯉淵蔵之介(こいぶち・くらのすけ)役で出演。初の月9ドラマ出演で異色の“女装男子”を演じることとなり、美しく変身した役衣装のビジュアルも公開された。

【比較写真】瀬戸康史演じる鯉淵蔵之介の“男”状態

 原作は人気漫画家・東村アキコ氏の同名漫画。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”月海(つきみ)が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分と生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く新感覚の“シンデレラ・コメディー”。2010年にテレビアニメ化、2014年には能年玲奈主演で実写映画化もされてきたが、11月13日にコミックス最終巻が発売され作品が完結したのを機にドラマ化される。

 瀬戸演じる蔵之介はファッションセンスを極め過ぎて、女装まで行き着いてしまったオシャレ美男子。与党の最大派閥を率いる大物国会議員の慶一郎と舞台女優の愛人との間にできた子という複雑な生い立ち。しかし、月海に出会い、これまで自分が付き合ってきたエリートやオシャレな人間たちとはまったく違う世界を知り、どんどん月海に興味を抱いていく。そして、ファッションやメークで月海の魅力を引き出そうとする。別人のように愛らしく変貌した月海だが、ある日蔵之介の腹違いの弟・修と出会ったことで、ややこしい三角関係へと発展してしまう…。

 「僕にとっては挑戦となる作品です」と語る瀬戸。「お話をいただいてから女子力を磨き続けています。そのおかげもあってか、今は女装をすることに、まったく抵抗がありません(笑)。しかし、役者として当たり前のことなので、自分の顔にあったメークの仕方や立ち居振る舞い、毛の処理など…ベストを尽くして撮影にのぞみます!」と並々ならぬ決意だ。

 蔵之介が女装する心理に関しては「ファッションに興味があるというのはありますが、実の母を感じたいのだと思います。そして、さまざまなしがらみから抜け出せ、嫌なことも忘れられ、自分を解放できる“自分が自分らしくいられる場所”をいつも探しているのではないでしょうか。そんな複雑な心境も透けて見えるよう演じていきたいと思います」と分析している。

 共演者やスタッフに対しても「映画『ミックス。』でもご一緒した石川監督の年齢問わず役者を信じて同じ目線でぶつかってくださる男気、芳根さんの吸収力の高さとそれをすぐさま表現できてしまう瞬発力、他にも今作に参加するステキな演者の皆さんと芝居ができることが本当に幸せです」と信頼感を寄せており、「ブルーマンデーなんか吹き飛ばしてまた一週間頑張れる! 蔵之介や月海たちの姿に一歩踏み出す勇気をもらえる、そんな作品をお届けします!」と熱く意気込みを語った。

(提供:オリコン)
2017/12/7 07:00 配信

“女装美男子”鯉淵蔵之介を演じる瀬戸康史 (C)フジテレビ
“女装美男子”鯉淵蔵之介を演じる瀬戸康史 (C)フジテレビ