ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ウッチャン、欅坂との共演ならず

■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 2年連続2年目欅坂46が後半戦トップバッターとして「不協和音」を披露し、センターの平手友梨奈が「僕は嫌だ!」のせりふで感情を大爆発させた。同曲が「大好き」と話していた総合司会の内村光良との共演は実現しなかった。

【写真】平手友梨奈が圧巻のパフォーマンスを見せる「不協和音」

 11月27日の司会者合同コメント取材会では、総合司会の内村光良が「『不協和音』が特に大好き」と公言。曲紹介前のMCでも紅組司会の有村架純から「内村さんは欅坂46のパフォーマンスに衝撃を受けたそうですね」と紹介されると、「テレビで『不協和音』を見て、なんてすごいパフォーマンスをする子たちなんだと思って、自分の舞台に勝手に完コピのダンスを取り入れたくらい」と言葉に力を込めた。

 白組司会の二宮和也から「一緒に踊らせてもらえばよかったのに」と勧められたものの「こんなおっさんが紛れ込んじゃだめだよ。晴れ舞台にね。一緒に踊るのは夢としてとっておきます」とやせ我慢した。

 気迫あふれるパフォーマンスを舞台袖で見届けた内村は「かっこよかった」と絶賛。「やっぱり一緒に踊りたかった…」と泣きまねをして嘆いた。

(提供:オリコン)
2017/12/31 21:12 配信

『第68回NHK紅白歌合戦』で「不協和音」を披露した欅坂46 (C)ORICON NewS inc.
『第68回NHK紅白歌合戦』で「不協和音」を披露した欅坂46 (C)ORICON NewS inc.