ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

欅坂46鈴本、ステージ上で倒れる

■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 欅坂46が総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボした企画で、メンバーの鈴本美愉が歌唱後、ステージ上で後ろに倒れ込む姿が放送された。

【写真】鈴本が倒れた「不協和音」終盤の三角形のフォーメーション

 後半トップバッターで登場した欅坂46の出番では共演せず、内村は「こんなおっさんが紛れ込んじゃだめだよ。一緒に踊るのは夢としてとっておきます」と話したが、その約27分後、企画コーナーで共演が実現した。

 消耗の激しい楽曲とあり、パフォーマンス中にセンター平手友梨奈がふらつく場面も。内村が踊りながら「大丈夫?」と話しかけ、平手がうなずく一幕もあった。

 「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

(提供:オリコン)
2017/12/31 21:59 配信

欅坂46・鈴本美愉 (C)ORICON NewS inc.
欅坂46・鈴本美愉 (C)ORICON NewS inc.