ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

『西郷どん』初回、関西で19.8%

 NHKで7日より放送を開始した大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の初回番組平均世帯視聴率が関東で15.4%、関西で19.8%だったことが、9日明らかになった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ)。第1回「薩摩のやっせんぼ」は60分の拡大版で放送された(通常は45分)。地上波よりも早い時間帯に放送されるBSプレミアム(毎週日曜 後6:00)では4.9%を記録し、年々高まりをみせている(2015年『花燃ゆ』初回2.8%、16年『真田丸』初回3.3%、17年『おんな城主直虎』4.3%)。

【写真】主演の鈴木亮平は第2回から本格登場

 『西郷どん』は、日本人なら誰でもその名を知っている、義務教育で必ず習う歴史上の人物、西郷隆盛こと西郷吉之助(鈴木亮平)が主人公。名前は知っているが、実は知らない彼の生い立ち、どのような環境で、どのように育ち、育てられ、今日に伝わる人物となったのか、激動の幕末維新史とともに一年をかけて描いていく。原作は、林真理子氏の長編小説『西郷どん!』(KADOKAWA)。2018年は、明治維新(明治改元)から150年の節目の年でもある。

 第1回は、西郷隆盛が西南戦争で自刃してから21年後に行われた東京・上野の西郷隆盛像の除幕式で、3番目の妻・糸が「こげんなお人じゃなかった」と銅像を全否定したエピソードからはじまった。時はさかのぼり、天保11年(1840年)。薩摩の国に生まれた西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を送る中、薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)との運命的な出会いが描かれた。

■過去の大河ドラマの初回番組平均世帯視聴率 /期間平均(初回~最終回)
※すべて関東地区

2018年『西郷どん』 15.4%
2017年『おんな城主 直虎』 16.9% / 12.8% 
2016年『真田丸』 19.9% / 16.6%
2015年『花燃ゆ』 16.7% / 12.0%
2014年『軍師官兵衛』 18.9% / 15.8%
2013年『八重の桜』 21.4% / 14.6%
2012年『平清盛』 17.3% / 12.0%
2011年『江・姫たちの戦国』21.7% / 17.7%
2010年『龍馬伝』 23.2% / 18.7%
2009年『天地人』 24.7% / 21.2%
2008年『篤姫』 20.3% / 24.5%
2007年『風林火山』 21.0% / 18.7%
2006年『功名が辻』 19.8% / 20.9%
2005年『義経』 24.2% / 19.5%
2004年『新選組!』 26.3% / 17.4%

(提供:オリコン)
2018/1/9 11:30 配信

大河ドラマ『西郷どん』第1回より(C)NHK
大河ドラマ『西郷どん』第1回より(C)NHK