ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

広末涼子、音楽番組で司会に初挑戦

 女優の広末涼子がテレビ番組の司会に初挑戦する。TBS系『歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-』(2月12日 後7:00~10:54)で、4時間におよぶ特番収録の前に取材に応じた。

【ソロカット】黒のレース衣装で意気込みを語った広末涼子

 広末とともに司会を務めるのは、過去2回の放送でも司会を務めた堺正章、自身の不倫騒動で1回お手つきのあった宮迫博之(雨上がり決死隊)。「なぜ私が、というのが最初の感想でした。よろしいんでしょうか?」と及び腰の広末に、堺は「腹くくってください」と激励。広末は「堺さん、宮迫さんがいらっしゃるので、委ねさせていただき、視聴者の方と同じような立場から、思い返して楽しませていただければと思っています」と話していた。

 『歌のゴールデンヒット』は、第1回『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』(2017年2月13日放送、司会:堺、篠原涼子、宮迫)。第2回『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』(17年10月2日放送、司会:堺、相田翔子、ココリコ・田中直樹)につづき、今回で3回目。「アイドル」を切り口に、1960年代後半から音楽シーンを賑わせてきたアイドルたちを貴重映像とともに振り返る。

 「ザ・スパイダース」のボーカルとして1965年にデビューし、現在のアイドルのような人気を誇った堺は「各世代がそれぞれ当時の青春を振り返っていただけましたら、良いのではないかと思います」とコメント。

 80年代のアイドル黄金時代に青春期を過ごした宮迫は「私も50歳前ですので、生まれたときから青春ど真ん中のアイドルの方々が集まり、懐かしい映像や当時のエピソードトークもたくさん聞けます。本当に素晴らしい番組。いろいろあったんですけど、また出させていただけるなんて」と感想を語ると、すかさず堺が「何かあったの?」と突っ込み。「ネットみてください?」と宮迫がかわすと、広末からも「何があったの?」と乗っかってきて、3人の雰囲気はいい感じ。宮迫は「年をまたいだからもういいねん」と捨てぜりふで笑いを誘っていた。

 10代の頃、歌手活動をしていた広末は、「歌は大好きで、カラオケで歌うのも好きだけど、歌番組は毎回緊張して苦手だった。すごく恥ずかしかった」と振り返っていた。

(提供:オリコン)
2018/2/1 04:00 配信

2月12日放送、TBS系『歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-』司会者はこの3人。堺正章(中央)、雨上がり決死隊・宮迫博之(左)、広末涼子(右)(C)TBS
2月12日放送、TBS系『歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-』司会者はこの3人。堺正章(中央)、雨上がり決死隊・宮迫博之(左)、広末涼子(右)(C)TBS