ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

北村一輝、プリキュアに大照れ

 俳優の北村一輝が1日、都内で行われたアニメ映画『プリキュアスーパースターズ!』(3月17日公開)会見に出席した。同作にゲスト声優として出演し、シリーズ直近3世代『魔法つかいプリキュア!』『プリキュアアラモード』、そして4日よりスタートする『HAGっと!プリキュア』の総勢12人のカラフルなプリキュアたちに囲まれた北村は、キュアエールらと手をつないで登場すると「目をみてくるんでドキドキする。みんなかわいいんです。いちいちキュンキュンする。たまんないです」と大照れした。

【写真】3世代のプリキュアが勢揃い

 映画シリーズ24作目を数える今回のテーマは『約束』。北村は世界中をウソばかりにすることを目論む怪物・ウソバーッカという敵キャラクターを演じるが、主人公・野乃はな(キュアエール)が幼いころに出会った不思議な男の子・クローバーを演じる声優・小野賢章からは「裏で誰も見ていないのに(プリキュアが)目をみてくるんです。ポツリと『照れちゃう、照れちゃうよ』って言われてましたね」と悪役なれどチャーミングな一面を暴露されていた。

 今回、意外にも声優初挑戦となる北村だが「びっくりしました。すごいうれしかった。内容を聞く前にすぐやるって即返でした。この世界観にいていいのかという戸惑いもありましたが、僕らでも知っている有名なアニメの世界観にはいれるのは光栄。楽しんでやろうと思いました」とすっかり満喫。

 一方で語尾に「~ウソ」をつけたりセリフが「ヴァ~」「ヴェ~」だったりと「実際にやってみてすごく楽しかったんですが人間の役ではなかったんです。(今度は)普通の役、クローバーのような役でもいいですし、もしやるんだったらもう少し勉強して頑張りたい」と苦笑した。

 そんな北村の起用を聞いたキュアエール役の引坂理絵は「なんてピッタリなんだろう」と納得したそうで、これに北村が「それは語弊がある。ウソついてるみたい」と抗議すると「“敵”といえば北村さんってイメージがある、敵イコールみたいな」と弁解。続けて「ウソはついていないと思いますが、これ以上にないキャスティング。腑に落ちすぎて両手を挙げて拍手くらいよかったです」と絶賛していた。

 会見は二部制で行われ、第一部では『HUGっと!プリキュア』(毎週日曜 前8:30)のお披露目会見として、引坂のほか、本泉莉奈(キュアアンジュ役)、小倉唯(キュアエトワール役)が登壇した。

(提供:オリコン)
2018/2/1 15:37 配信

プリキュアに囲まれ大照れだった北村一輝(C)ORICON NewS inc.
プリキュアに囲まれ大照れだった北村一輝(C)ORICON NewS inc.