ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

高橋一生、ムロツヨシらが新人賞

 映画・テレビ界で顕著な活躍をしたプロデューサーや、将来有望な新人俳優などを選出して表彰する『2018年エランドール賞』の授賞式が1日、都内のホテルで行われた。今回の選考対象期間は、2016年12月1日から2017年11月30日。1956年の第1回で石原裕次郎、高倉健らが選ばれた歴史があり、業界でも権威ある賞の一つである新人賞は、高橋一生(37)、門脇麦(25)、竹内涼真(24)、杉咲花(20)、ムロツヨシ(42)、吉岡里帆(25)が受賞した。

【動画】高橋一生、受賞に『直虎』共演の柴咲コウが祝福に

 特筆すべきは、高橋とムロ、アラフォー俳優の新人賞。高橋は、1990年、9歳で俳優デビューし、芸歴では“新人”とはとてもいえないが、この一年の活躍はめざましく、昨年は、映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-』、ドラマ『カルテット』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、連続テレビ小説『わろてんか』、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』に出演。今後の活躍を大いに期待されての受賞となった。

 高橋は、『カルテット』と『直虎』で受賞できたことを喜び、「いままでの仕事でいろんな出会いがあったからこそ、この2作品がある。心から感謝しております。かすまないように研鑽を積んで、こういう役をやらせてみたいと皆さんの想像力を刺激できるような俳優でいたいと思っております」とスピーチした。お祝いゲストには『直虎』に主演した柴咲コウが駆けつけた。

 一方、ムロは、俳優養成所から舞台活動での下積みを経て、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』への出演をきっかけに売れだし、『勇者ヨシヒコ』シリーズなどの福田雄一監督の作品で注目された。2017年は映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』、ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』『おんな城主 直虎』『愛を乞うひと』『スーパーサラリーマン左江内氏』ら話題作への出演が続いた今回、“新人賞”に選ばれた。

 ムロは「役者を目指して23年、はじめてのいただいた賞。選考基準はどうなているのかと確かめたところ、将来性が大いに期待されるものというのがあって、42歳にもなって将来性を期待される日が来るなんて」と感激。30代のターニングポイントとなった福田監督やマネージャーへの感謝を延々と述べた後、福田監督が花束を持って来場し、ムロを激励していた。

 新人賞、プロデューサー賞、プロデューサー奨励賞の各受賞者へ花束を贈るプレゼンターも、授賞式に華を添えた。映画『三度目の殺人』の是枝裕和監督、『ひよっこ』に出演した木村佳乃、『奥様は、取り扱い注意』『精霊の守り人』に主演した綾瀬はるかは2度にわたって登壇。『悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜』の子役・平尾菜々花、『陸王』の演出・福澤克雄氏、『メアリと魔女の花』の製作総指揮・西村義明氏、『ごめん、愛してる』の脚本家・浅野妙子氏らが登壇した。

■受賞者
新人賞
高橋一生
門脇麦
竹内涼真
杉咲花
ムロツヨシ
吉岡里帆

プロデューサー賞:田中友幸基金賞
【映画】『三度目の殺人』松崎薫(フジテレビジョン)
【テレビ】『カルテット』土井裕泰 佐野亜裕美(TBS)

プロデューサー奨励賞
【映画】『22年目の告白 -私が殺人犯です-』北島直明(日本テレビ) 小出真佐樹(ロボット)
【テレビ】『ひよっこ』菓子浩(NHK)
【テレビ】『奥様は、取り扱い注意』枝見洋子(日本テレビ放送網)

特別賞
『精霊の守り人』制作チーム(NHK)
『やすらぎの郷』制作チーム(テレビ朝日)



(提供:オリコン)
2018/2/1 20:27 配信

『2018年エランドール賞』を受賞した高橋一生 (C)ORICON NewS inc.
『2018年エランドール賞』を受賞した高橋一生 (C)ORICON NewS inc.