ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ムロツヨシが喜び 42歳で新人賞に

 俳優のムロツヨシ(42)が、映画・テレビ界で顕著な活躍をしたプロデューサーや、将来有望な新人俳優などを選出して表彰する『2018年エランドール賞』新人賞を受賞し、1日に都内で行われた授賞式に出席した。ほぼ“最年長”、42歳での受賞に、ムロは「42歳でも将来性を期待してもらえる人生とは」と喜び爆発。通常、受賞者はスタンドマイクでスピーチをするのだが、ムロはハンドマイクでステージ上を右に左に歩きながら話し、福田雄一監督と一緒にトータルで10分ちかい“ムロ劇場”を繰り広げ、会場の爆笑を誘っていた。

【動画】ムロツヨシ、爆笑必須の受賞スピーチ

 ムロは「役者を目指して23年くらい経ちますが、はじめていただいた賞。選考基準はどうなっているの?と調べたら、俳優として将来性が大いに期待される人に、とあって、42歳でも将来性を期待してもらえる人生になるとは。ありがとうございます」と、人生で初めてトロフィーを持つ喜びをかみしめながら、しゃべり続ける。

 「将来性をあきらめる毎日だった」と20代の頃から振り返りはじめ、30代ではドラマ『33分探偵』で福田監督との出会いに感謝。「福田監督に『好きなようにやっていいよ』と言ってもらった時から、なにやら皆さんの見る目が変わった。名前も覚えていただけるようになった。あの人がいなければ敢えてふざけたことをクソ真面目にできる、いまみたいなことにはならなかった。この場を借りてお礼を言いたいと思います」と語った。

 スピーチの後、昨年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で共演した柴咲コウが花束プレゼンターとして登壇するように見せかけて、福田監督が現れるという仕掛けでもバッチリ笑いを取った(柴咲は同じ新人賞を受賞した高橋一生の花束プレゼンターとして先に登壇していた)。

 ムロが「5年前、ムロツヨシがエランドール賞新人賞をとるとは誰も思っていなかったはず。5年後の大河の主役はムロツヨシです。もしやっていなかったら、各プロデューサーの皆さま、まだ将来性はありますのでよろしくお願いします」と大風呂敷を広げたので、福田監督も「5年後の大河ドラマの脚本、書けると思います。ムロツヨシを生かす脚本といえば多分、僕。大河がなかった場合、各局の連ドラ書けると思います」と便乗。

 最後には、福田監督が「ムロツヨシがこの賞をいただいたことは非常に大きな意味もつ。まだ売れてない20代、30代の役者さんたちに、すごく希望をもたせてくれた。ムロくんは人を元気できる役者さんです。この先もぜひとも42歳のムロツヨシの将来性をよろしくお願いします」と頭を下げる、熱いステージとなった。

 ムロは、1999年から単独で舞台活動を開始、2005年映画『サマータイムマシン・ブルース』で映画初出演。11年から放送された「勇者ヨシヒコ」シリーズや13年には連続テレビ小説『ごちそうさん』に出演し、お茶の間に広く知られるように。08年、ドラマ『33分探偵』で福田監督と出会い、映画・ドラマ・舞台と多岐にわたる福田作品を支え、喜劇役者としての才能を開花させていく。2017年は、映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』、ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』『おんな城主 直虎』『愛を乞うひと』『スーパーサラリーマン左江内氏』ら話題作への出演が続いた。



(提供:オリコン)
2018/2/1 22:22 配信

『2018年エランドール賞』を受賞したムロツヨシ(右)、お祝いに駆けつけた福田雄一監督(C)ORICON NewS inc.
『2018年エランドール賞』を受賞したムロツヨシ(右)、お祝いに駆けつけた福田雄一監督(C)ORICON NewS inc.