ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

『闇の伴走者』追加キャスト発表

 松下奈緒演じる調査員と古田新太演じる漫画編集者が今度は伝説となった編集長の死の真相に迫る異色ミステリーの続編、『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』が、WOWOWで3月31日より放送開始ととなる(毎週土曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)。追加キャストと特報第2弾&ポスタービジュアルが公開された。

【動画】『闇の伴走者~編集長の条件』特報第2弾

 ポスタービジュアルでは、松下演じる水野優希と、古田演じる醍醐真司がそれぞれ鋭い眼差しで正面を見据える力強い姿に、「名コンビ復活!漫画に命を捧げた男の謎を追え!」というキャッチコピー。人気漫画家の森秀樹、田中圭一、平松伸二、土山しげる各氏が本作のために描き下したオリジナル漫画もコマの中に登場している点にも注目だ。また、2020年に向けて生まれ変わりつつある東京の「現在」が背景となっている。それも何か意味がありそうだ。

 今回のストーリーは、かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、強い意欲を持って編集長に就任した。しかしその直後にビルの屋上から転落死。遺書も不審な点もないことから、警察は早々に「事故」として処理をした。だがその死には、不可解な謎が多く残されていた。

 あの人なら殺されても仕方がないと言う編集部員や周囲の人々。「他殺か、自殺か?」。出版関係専門の調査員・優希(松下)と、偶然にも後釜として編集長に就任した醍醐(古田)は、再びコンビを組み、伝説の編集長の死の解明に乗り出す。手がかりは故人が残した作者不明の古い漫画画稿。2人は調査を進め、やがて戦後最大の謎「下山事件」に辿りつく。

 その背後には、「下山事件」を実にリアルに描写した謎の漫画家の存在が…。戦後最大の謎の真相とは? 伝説の編集長の死と「下山事件」、そして謎の漫画の関係は? 優希と醍醐が行き着く「真実」に、驚愕する。

 追加キャストとして津田寛治、白石隼也、今野浩喜、小宮浩信(三四郎)、八木亜希子、温水洋一、野間口徹、前野朋哉、真野響子、森本レオ、田中泯、平泉成、岩松了、13人の出演が決定。配役は以下のとおり。

■想起社(『漫画ブレイブ』を発行する中堅出版社)関係人物
堀尾智…津田寛治:広告宣伝部の部長。『漫画ブレイブ』二代前の編集長。
伊東昇太…白石隼也:『漫画ブレイブ』アルバイトの編集アシスタント。
綿貫義正…今野浩喜:『漫画ブレイブ』正社員の編集者。
小城利勝…平泉成:二代目社長
南部正春…岩松了:漫画編集者なら誰もが知る伝説の編集者。『漫画ブレイブ』前編集長。

■その他登場人物
南部加代子…八木亜希子 南部の別居中の妻。
三浦太一…小宮浩信(三四郎) 古書店「ノスタル堂」の店主。
校条啓蔵…田中泯 元紙芝居作家で貸本漫画家。会社社長。

■前作からの登場人物
矢島友之…森本レオ 不審死した優希の父と同僚だった元刑事。
マスター…温水洋一 醍醐が通う喫茶店「ルアン」のマスター。
竹内康介…前野朋哉 アジマプロのライツ部部長。
寺田幹男…野間口徹 優希の元夫。
阿島淑子…真野響子 漫画家・阿島文哉の未亡人。アジマプロの社長。



(提供:オリコン)
2018/2/2 08:03 配信

『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』キービジュアル、WOWOWで3月31日より放送開始(C)WOWOW
『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』キービジュアル、WOWOWで3月31日より放送開始(C)WOWOW