ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

『コードギアス』初の大規模展覧会

 アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズ初の大規模な展覧会『コードギアス 反逆のルルーシュ展』が、東京ドームシティGallery AaMoで3日に開幕する。それに先立ち、きょう2日に内覧会が行われた。

【画像】スザクのイラストや、枢木神社のフォトスポットも

 同作は2006年に放送がスタートし、主人公・ルルーシュの壮絶な人生と頭脳戦が話題となり、08年の続編『コードギアス 反逆のルルーシュR2』(以下、R2)で完結。昨年NHKが行った、日本で制作された約1万タイトルの作品から、視聴者投票でベストアニメを選出する企画「ベスト・アニメ100」で7位にランクインするなど、2000年代を代表する作品になっている。

 今回の展覧会は、劇場3部作の公開を記念して企画。入口では、いきなりルルーシュの声でギアス「絶対遵守の力」(自分の目を見た相手に命令を下し、それを必ず実行させる能力)を掛けられて奥へと進むことに。場内では、『コードギアス 反逆のルルーシュ』から『R2』までの、貴重なアニメ制作資料や厳選された原画・イラストを約170点展示。映像や音声とともにアニメの世界を堪能できる。

 フォトスポットも設けられており、ルルーシュとスザクが出会った場所の枢木神社、皇帝ルルーシュの玉座、出口にあるルルーシュのパネルでは来場者が用意されたシール(物販ブースで1会計につき1枚贈呈)にメッセージを書いて貼ることができ、思い出に残ること間違いない内容だった。

 また、完全オリジナル収録した音声ガイド(※別料金)も用意。ルルーシュ(声・福山潤)、スザク(声・櫻井孝宏)、ゼロ(声・福山潤)verがあり、リモコンのボタンを押すと、展示物に描かれている場面のストーリーを解説してくれる。

 あくまでアニメを視聴した人が楽しめる内容とあり、公式サイトでも「未見の方、全話を見ていない方は気を付けて下さい」と呼びかけており、来場する前に一度「全力で」見返すことをおすすめする。

(C)SUNRISE/PROJECT-GEASS Character Design(C)2006-2017 CLAMP・ST

(提供:オリコン)
2018/2/2 14:24 配信

ルルーシュのイラスト展示物(C)SUNRISE/PROJECT-GEASS Character Design(C)2006-2017 CLAMP・ST (C)ORICON NewS inc.
ルルーシュのイラスト展示物(C)SUNRISE/PROJECT-GEASS Character Design(C)2006-2017 CLAMP・ST (C)ORICON NewS inc.