ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

丸岡いずみ、過度な取材に配慮求む

 ロシア現地時間1月3日に代理母出産で3400グラムの男児が誕生し、日本へ帰国したフリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)が2日、自身のブログを更新。「夜中に私共自宅のインターホンを鳴らしての取材に関してお願いがございます」とし、一部の過度な取材に対し配慮を呼びかけた。

【写真】丸岡いずみ、夫・有村昆のほっぺにチュー

 「一部の週刊誌記者の方々へ」の書き出しで丸岡は「さて、夜中に私共自宅のインターホンを鳴らしての取材に関してお願いがございます」とし「確かに赤ちゃんは3時間ごとにミルクで起きておりますが、それ以外は睡眠をとっております。昼夜問わずの、また夜中の長時間にわたるインターホンを鳴らし続けての取材をご遠慮頂くことをご検討いただけないでしょうか?」と呼びかけ。

 「私もかつて記者をしておりましたので、記者の皆様のお気持ちも全くわからないというわけではございません」と理解はしているが「ただ、今回の事案でこのような取材手法をとることが果たして必要でしょうか? 日本を代表する週刊誌記者の方々でいらっしゃいます 私共の自宅住所をご存知だということは、封書で文書にして頂くようなことも最悪可能ではないでしょうか?」とも提案した。

 続けて「雑誌名のみをインターホンで連呼され、詰問口調でお話しされましてもその意図がよくわかりません。文書できちんと今回の取材趣旨・取材意図などを書いて頂いて、必ずご自身のお名刺を同封して取材をされるのが誰にも迷惑のかからない方法かと思われます」といい「もちろん、事務所と相談の上で真摯に対応させて頂きたいと思います」と伝えた。

 「インターホンを長時間にわたって占拠するのは他住民の方へのご迷惑にもなります。私自身はもちろんメディアで働く身として公人とも言えますが、一方で一人の母親でもあります」と訴えた丸岡。「どうか、安心してミルクやオムツを買いに行けるような環境のみ残して頂けないでしょうか?」と求めた。

 一方で、「そんなものはネットで買えばいい!」という声も心配しているが、現状について「これまで子供にはロシアのミルクを与えていました。環境が変わり、日本のどのようなミルクが合うのか母親として直接手に取りいろいろ試してみたいとも思っております。それ以外にも、母子手帳など日本で様々な手続きをしなければなりません」と告白し、最後は「寒い中での取材で、記者の方々もお疲れとは存じますが、一度ご検討を頂けないでしょうか? どうか平にお願い申し上げます」と切に願った。

 夫で映画コメンテーターの有村昆(41)は同日、自身のブログで帰国を報告。「正直ホッと、、ホッと致しました」と明かし「ロシア在住の方から、多くのコメントが本当に心の支えになりました。勇気湧きました。ありがとうございます!!」と感謝。「息子にとっては、新天地。親子3人で新生活が頑張ります」とつづっていた。

(提供:オリコン)
2018/2/2 11:42 配信

丸岡いずみ(C)ORICON NewS inc.
丸岡いずみ(C)ORICON NewS inc.