ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

TOHOシネマズ 日劇が閉館

 東京・有楽町にある映画館「TOHOシネマズ 日劇」が4日に閉館し、前身である「日本劇場」が1933年に開館してから85年の歴史に幕を下ろした。最後の上映作品は、スタジオジブリ『もののけ姫』(97年)。終了後には支配人の佐藤希氏があいさつし、日劇との別れを惜しんで駆けつけた400人以上から大きな拍手が贈られた。

【イメージ図】東京ミッドタウン日比谷内にオープンするTOHOシネマズ日比谷

 佐藤氏は、集まった人々へ向けて「日劇は、85年間で1億人以上のお客様に足を運んでいただきました。皆さまに愛され、きょうまで上映を続けることができたこと、心より感謝申し上げます」とあいさつ。「本日で日劇は閉館いたしますが、日劇の魂は3月29日にオープンするTOHOシネマズ日比谷へと引き継ぎますので、楽しみにお待ちいただけばと思います。最後になりますが、85年間日劇を愛していただきまして誠にありがとうございました」と頭を下げ、見守っていた映画ファンからは「今まですてきな映画をありがとうございました」と感謝の声が飛んだ。

 佐藤支配人をはじめ、あいさつに並んだ社員たちは唇をかみしめて涙を堪えていたが、最後のあいさつを終えて入り口の扉を締めた後、涙が溢れ出したような感極まった声が響いた。

 同劇場は1933年に「日本劇場」としてオープンし、81年2月に閉館。有楽町センタービルの開業とともに1984年「日本劇場」「日劇東宝」「日劇プラザ」の3劇場として再オープンして以来、2009年に「TOHOシネマズ 日劇」と館名を変えながら、多くのヒット作品を上映してきた。1984年以降の新しい日劇になってから、2018年1月26日までの上映作品累計本数は992本だった(※映画祭やイベント上映などは含まず)。

 スクリーン1(946席)は国内最大の座席数を誇る。最後の上映作品は、スクリーン1が『もののけ姫』、スクリーン2が『ゴジラ(1954年)』、スクリーン3が『トップガン』。過去には、97年の『もののけ姫』に徹夜組600人、98年には『踊る大捜査線 THE MOVIE』初日に早朝から3200人が列を作った。

 1月27日より『さよなら日劇ラストショウ』と題した特別上映イベントを開催し、『ゴジラ』『スター・ウォーズ』シリーズ、『青春グラフィティ スニーカーぶる~す』などを上映した。3月29日には、近隣の大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」に、13スクリーン約2800席の映画館「TOHOシネマズ 日比谷」がオープンする。

(提供:オリコン)
2018/2/4 19:35 配信

TOHOシネマズ 日劇が閉館 85年の歴史に幕 (C)ORICON NewS inc.
TOHOシネマズ 日劇が閉館 85年の歴史に幕 (C)ORICON NewS inc.