ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

光一、単独主演1600回間近に言及

 人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一の主演ミュージカル『Endless SHOCK』が4日、東京・帝国劇場で開幕した。

【写真】『Endless SHOCK』で光一のライバルを演じる中山優馬

 同舞台は、ジャニー喜多川氏が作・構成・演出を務めるニューヨーク・ブロードウェイを舞台にしたエンターテインメント作品。2000年に初演、2005年に現在の『Endless SHOCK』となり、14年には堂本がミュージカル単独主演記録1位を樹立。昨年3月31日の公演で通算上演回数1500回を達成した。同舞台は、3月31日まで同所で上演される。

 3月6日の公演では、堂本が“単独主演1600回”の節目を迎える。報道陣から話題にあげられると「忘れてました」と笑いながら話し「いつもそうですけど、回数は気にしていない。(今作は)すごく新しい風が間違いなくある。自分も新鮮な気持ちでやれていたので、そういう意味では楽しみでもある」とほほ笑んだ。

 共演の久野綾希子は、フライング演技などを支える堂本の強靭な肉体を見ながら「どうなってるんですかね、この体は…」。瀧本美織も「階段落ちのシーンも上から見ていたけど(斜度が)急なんです。それを『もう行っちゃうか!』みたいな軽い感じでしちゃうから、見ていてドキドキしました」と目を丸くすると、本人は「普通に降りるより、落ちたほうが早いからね」と笑い飛ばしていた。

 堂本のライバル役は、後輩の中山優馬が演じる。「『Endless SHOCK』のファンでしたから、僕としては“ここまで上り詰めたな”という感じ」と感無量。しかし、同舞台のために木刀で殺陣を練習していたが、演出が代わり“短刀”を扱うことに。「ナイフのように使ってくれと…。握力だけは強くなりました」と残念そうに明かし、場を和ませていた。

(提供:オリコン)
2018/2/5 04:00 配信

3月6日の公演で“単独主演1600回”の節目を迎える堂本光一 (C)ORICON NewS inc.
3月6日の公演で“単独主演1600回”の節目を迎える堂本光一 (C)ORICON NewS inc.