ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

有賀さつきさん死去 追悼の声届く

 元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが52歳の若さで亡くなったことを受け、元同局でフリーの寺田理恵子(56)、長野智子(55)アナらが5日、ブログやツイッターを通じて追悼。また、有賀さんのブログのコメント欄には「けさのニュースで知り、とてもショックです」「ゆっくり休んでくださいね」など悲しみの声が届いている。

【写真】170センチの長身と美貌 ワンピ姿の有賀さつきさん

 寺田アナは「有賀さつきさんのあまりにも突然の訃報に接し、驚きとショックで…」とつらい胸中を吐露し、有賀さんとの共演や思い出を回顧。有賀さんの近況について「痩せていて、みんなで心配していたのですが、誰もその理由は知りませんでした」と明かし「最期まで、病気のことを隠して仕事をしていた有賀さんのプロ意識に感動しました」と記した。

 続けて「お嬢様とのお別れがどれほどつらかったかを思うと、言葉がありません。すぐにこのようなコメントをしてよいのかどうか、迷いましたが、有賀さんの追悼の想いを込めて、そして思い出話をすることは供養になるという教えを信じて、この場を借りてコメントさせて頂きました」とし「心より、ご冥福をお祈りいたします。そして、ご家族様が、体調を崩されませんように、くれぐれもご自愛くださいますように」と結んだ。

 長野アナは自身のツイッターを通じて「突然の訃報に現実のこととしてとらえられない。。」とつづり「今はそこにいるだけで周りの空気を明るくする華やかで輝く笑顔しか思い浮かびません。心よりご冥福をお祈りします。。」としのんだ。

 同日には、三宅正治アナ(55)、軽部真一アナ(55)、笠井信輔アナ(54)、永島優美アナ(26)、榎並大二郎アナ(32)らがそれぞれ出演している番組を通じて追悼した。

 有賀さんは1988年にフジテレビに入社。同期の河野景子アナ、八木亜希子アナとともに「花の三人娘」として女子アナブームの火付け役となった。92年には同局を退社し、テレビ朝日系『ミュージックステーション』のサブMCを務めるなど、フリーアナとしての道も開拓した。

 2002年にはかつての上司だったフジテレビの解説委員・和田圭氏と結婚。同年11月に長女が誕生したが、06年に離婚した。


 

(提供:オリコン)
2018/2/5 14:35 配信

有賀さつきさん(C)ORICON NewS inc.
有賀さつきさん(C)ORICON NewS inc.