ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

綾瀬はるか、理想の夫婦像を語る

 ずっと憧れていたモノクロ映画のお姫様が自分の目の前に現れたら…? そんなとびきりロマンティックなラブストーリー『今夜、ロマンス劇場で』が2月10日に公開される。ヒロイン・美雪を演じた綾瀬はるかと、美雪に恋する青年・健司を演じた坂口健太郎の2人が、“逢いたい”気持ちが奇跡を起こす本作にまつわる凸凹トークを披露。インタビュー中においても映画の美雪と健司のように、綾瀬のマイペースぶりに翻弄される坂口だったが、2人は恋愛観で共感したようだ。

【画像】綾瀬はるか、優雅な“プリンセス”コーディネート七変化

■綾瀬はるか、“正解のない”お姫様像に四苦八苦!?

 モノクロフイルム映画のヒロインに恋する健司(坂口健太郎)。ある日、スクリーンからそのお姫様・美雪が飛び出してきて、健司が現実世界でお世話をすることに。ハチャメチャな美雪に振り回されつつも、次第に惹かれていく健司。少しずつ心の距離が縮まる2人だが、美雪は“人のぬくもりに触れたら消えてしまう”という秘密を抱えていた。そんな2人の恋の行方は…?

――撮影現場で思い出に残ってるエピソードは?
【綾瀬はるか】 電話ボックス越しでキスしようとするシーンや、健司が川に落ちるシーンが個人的にツボでしたね。
【坂口健太郎】 (笑)。意外と寒かったんですよ、あれ。
【綾瀬はるか】 うん。寒そうだったね。
【坂口健太郎】 僕は最初、綾瀬さんがお姫様の格好をして現場に入られた時はビックリしました。しかも美雪って十二単みたいな“和”のお姫様の格好じゃなくて完全に“洋”のお姫様の格好じゃないですか。綾瀬さんはヨーロッパの人という設定ではないけど、その装いが物語のなかですごく成立しているというか。あまりの違和感のなさに驚きましたよ。

――観ている側も綾瀬さんの“おてんばお姫様っぷり”が、とても自然でした。役作りで苦労した点はありますか?
【坂口健太郎】 モノクロの美雪とのシーンなんですが、当然ですが、現実は綾瀬さんは色がついてる状態でお芝居をしなくてはいけなかったので、そこはかなり意識してましたね。「あ、ヤバイ! 今の美雪はモノクロの状態なんだ」って。目線の演技というか、それをうっかり忘れてしまい監督から「健司、今美雪モノクロの状態だからね」って後から注意されたりしてました。

【綾瀬はるか】 私は、特定の誰かを参考にしたっていうのはなくて。ただ歩き方や佇まいは気を付けていましたね。そういった所作でお姫様感を出すっていうのが難しくて。そのためにいろいろな作品を観て参考にしました。
【坂口健太郎】 確かに“お姫様”な佇まいってすごい難しいですよね。現実にいないし。
【綾瀬はるか】 難しいね。ただ背筋をピンとすればいいわけじゃないし、歩き方とかも。
【坂口健太郎】 お姫様の正解の姿って意外とないですもんね。
【綾瀬はるか】 でも監督から「もっと凛と歩いて」と言われたので、その辺を重点的に研究しました。


■「ぐちケン」「濡れケン」…変なあだ名でいじられる、坂口健太郎

――現場でのお2人はどんなやり取りを?
【坂口健太郎】 綾瀬さんは僕によく変なあだ名をつけてました(笑)。
【綾瀬はるか】 「ぐちケン」とか「濡れケン」とかね(笑)。「濡れケン」はさっき言ってた川に落ちてビショビショになった姿を表現してみました。基本的に「~ケン」っていうあだ名だったよね。しかも現場ではみんなのいじられキャラ(笑)。
【坂口健太郎】 えっ、違う違う! 僕がいじられキャラというより、最初綾瀬さんがいじりキャラで…。
【綾瀬はるか】 坂口くんをいじるの誰から始まったっけ? 監督? 私? 北村(一輝)さん?
【坂口健太郎】 最初は北村さんはそんなでもなかったような…。ほら、綾瀬さんと監督が。
【綾瀬はるか】 あ! そうだそうだ。私と監督がタッグになったんだった。
【坂口健太郎】 監督から「いや~健司よかったよ」って言われた時に僕がふざけて「そうっすね。健司やっぱかっこいいっすね!」みたいに乗っかったんですよ。そしたら監督が「おまえ、本当否定しねぇな(笑)」っていうやり取りからいじりだして。
【綾瀬はるか】 そうそう。で、そのうち監督と私がタッグを組んでね(笑)。

――坂口さんは普段からいじられキャラなんでしょうか?
【坂口健太郎】 そうですね。まぁ普段からわりと…。
【綾瀬はるか】 本当はいじられキャラなんでしょ?
【坂口健太郎】 この現場ではいじられてる印象しかないですよね、僕。
【綾瀬はるか】 誰かがいじられキャラって言ってたよ?
【坂口健太郎】 言ってたんですか? それ誰だろう(笑)。

――その様子を拝見すると、普段のおふたりの関係も「おてんばお姫様の美雪とそれに振り回される健司」のように映画の設定は近いものがあった、と。
【綾瀬はるか】 あ~言われてみればそうですね。
【坂口健太郎】 確かに。でもハッピーな現場でしたよね?
【綾瀬はるか】 そうだね。楽しくてあっという間に終わった気がする。


■理想の夫婦像に共感「いつまでも仲良く手を繋いでたい」「同じくらい愛し愛されたい」

――実際にご自身に美雪と健司のような出来事が起きたとしたらどうします?
【坂口健太郎】 僕は好きな人ならやっぱり触れたいなって思っちゃいますね。だからこの映画の台本を読んだ時は驚かされました。いざ自分が健司の身になったとして、彼と同じような行動を取れるかと聞かれたらすぐに「はい」とは言えないです。でも障壁があったとしてもそれを乗り越えてしまうぐらい、強くて美しい愛を貫くふたりは純粋にすごいなって。
【綾瀬はるか】 私もまったく同意です。

――映画のような純愛を貫けるかと言われたら難しいものがあると。
【坂口健太郎】 う~ん。美雪と健司のような強い愛を持ちたいなと思うけど、触れてしまうことで2人の関係性が終わってしまうわけだから…。だから…ムズイ(笑)!
【綾瀬はるか】 うん。難しいよね…。

――では、そんなお2人が考える理想のパートナー像とは?
【綾瀬はるか】 私はおじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いで旅行とかお散歩とかに行きたいなって。どこへ行くにもいつも一緒みたいな。
【坂口健太郎】 よく公園とかで見かけますよね。仲良さそうに手を繋いでいるおじいちゃんおばあちゃん。僕も憧れます。
【綾瀬はるか】 そうそう。年を重ねてもずっと仲良しみたいな。そういうのがいいな。

――男性だとベタベタするのが苦手な方もいると思いますが、坂口さん的にいかがですか?
【坂口健太郎】 僕は全然OK(笑)。まぁでも喜怒哀楽が自分と一致している人がいいですけどね。どっちかが楽しい時は一緒に楽しんで、どっちかが悲しい時は一緒に悲しめる。感情を分かち合えると言いますか。自分とベクトルが似たタイプの人なら年を重ねても一緒に添い遂げられるのかなって。

――綾瀬さんと坂口さんは自分が追うほうがいいですか? それとも追われるほうがいいですか?
【綾瀬はるか】 う~ん。一緒ぐらいがいいかな。でも相手6割、私4割ぐらいがいいかも。相手のほうがちょっと自分を好きな度合いが大きいみたいな(笑)。
【坂口健太郎】 本当ですか? 僕は5:5かもしれないです。自分が気持ちを示すから、相手にも同じぐらいのものを示してほしいというか。
【綾瀬はるか】 最初どちらかの好きの度合いが大きくても最終的には5:5になっていくとすごくいいんだと思う。
【坂口健太郎】 そうですね~。やっぱ同じぐらい愛し愛されたいですもんね。

(文/kanako kondo)

(提供:オリコン)
2018/2/6 08:40 配信

映画『今夜、ロマンス劇場で』で共演した綾瀬はるかと坂口健太郎。理想のパートナー像ついて語ってくれた  撮影/RYUGO SAITO(C)oricon ME inc.
映画『今夜、ロマンス劇場で』で共演した綾瀬はるかと坂口健太郎。理想のパートナー像ついて語ってくれた  撮影/RYUGO SAITO(C)oricon ME inc.