ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

松本潤、“チョコ潤”と対面に感激

 人気グループ・嵐の松本潤が7日、都内で行われた明治ミルクチョコレート・バレンタインPRイベントに出席。イベント内では松本を模したチョコレート像がサプライズでお披露目された。対面するなり「すごいチョコの香りがします!チョコレートって肌色もつくれるんですね」とまじまじと見つめて、興味津々。「相当大変だったと思うのでうれしいです。たくさんの方なのでぜひ見てもらいたい」と大喜びで、出来栄えには「99.9(点)ですね!」と自身の主演ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』に引っ掛けて満面の笑みをみせた。

【全身ショット】チョコレート1040枚を使用した“チョコ潤”

 実は昨年の大みそかに「明治のスタッフの方がNHKに来てくださって、目とか鼻とか全部のサイズを測って『よろしくお願いします』って帰って行かれたんですけど、それがこれなんですね」と納得。「こんなこと初めてです。ありがとうございます」と目を輝かせ、「チョコ潤」のネーミングを提案されると「みなさん、松潤がチョコ潤の隣にいますよ」とすっかり気に入った様子。“チョコ潤”はチョコレート1040枚を使用、松本がハートの飾りを胸元につけて完成させた。

 以前、チョコレート職人を演じて“テンパリング”というチョコレートの温度を均一にして滑らかにする作業を練習したという松本。もし誰かに贈るとしたら?という質問には「今でも作れると思うので自分の手作りチョコを…誰にあげましょう。ドラマのスタッフ、共演者…でも女性もいらっしゃいますからね」と迷いながら「スイーツ部のあるメンバーですかね」と回答。「ここ1、2年で嵐のなかでスイーツ部ができて、ものすごいはやってる。メンバーが一番ひかれなくていいかな」と笑いつつ、「長年やってるので、そういうの共有する時間があるといいな」とメンバー愛をみせていた。

 また、過去のバレンタインについても話は及び、「幼稚園の頃、同級生に駄菓子屋のお嬢さんがいまして、(その子から)毎年ものすごい数のチョコレートをもらえた」というほほ笑ましい思い出話も。「小さい頃は、そんなたくさん買ってもらえなかったので、毎日少しずつ食べるのがうれしかった。多いときは何個も食べて鼻血出るみたいなこともあって強烈に残ってます」と懐かしんでいた。

 この他、松本のパネルと赤い糸でつながれるフォトスポットでの撮影に臨むと「松本と松本がつながってますよ」とニヤリ。なお、11日の1日限定で“チョコ潤”とともに渋谷109イベントスペースに設置される予定。

(提供:オリコン)
2018/2/7 12:01 配信

“チョコ潤”と対面した松本潤 (C)ORICON NewS inc.
“チョコ潤”と対面した松本潤 (C)ORICON NewS inc.