ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

出川哲朗の英語はなぜ伝わる?

 『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、その独特の英語が大好評。いまやCMでもその“英語力”を発揮する出川哲朗が、新たに通信講座『進研ゼミ』(ベネッセコーポーレーション)のCMキャラクターに起用された。相棒は、英語好きで知られる俳優の千葉雄大。出川が番組で身をもって感じた英語への向き合い方とは?「しゃべれないことを恥ずかしいと思わない」という出川が、千葉とともに独自のコミュニケーション術を語った。

【動画】出川がリアルガチな間違い!? 千葉もつっこむ英語のライティングとは?

◆出川が英単語を覚えたら「右に出る人はいない」、伝える力のすごさ

――出川さんといえば、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で独特の英語を使い、外国の方に積極的に話しかける企画が人気。
【千葉雄大】出川さんの英語は、外国の方にもホントに伝わるじゃないですか。もし、出川さんが単語をめっちゃ覚えて、武器を身に着けたら右に出る人はいないんじゃないかなと思って。出川さんの伝える力はすごいなと感じます。
【出川哲朗】外国のホテルでトイレの水が流れなかったとき、僕は電話して、「トイレット、ノー・ウォーター、ノー・ウォーター! カモン・ルーム、カモン・ルーム。トイレット・ノー・ウォーター!!」って言えば伝わるからね。

【千葉雄大】普通の人はちゃんと言おうと思って、格好つけちゃうんですよね。
【出川哲朗】僕もそこが悪いところだと思っていて。文法が間違っているんじゃないかって日本の人はみんな思っちゃうんですよね。(声を潜めて)これ言うと、『進研ゼミ』さんに怒られちゃうかもしれませんけど、文法なんて関係ないから(笑)。
【千葉雄大】もちろん文法を知っていたら、簡単に伝わるんでしょうけどね(笑)。
【出川哲朗】そう、文法を知っていたら普通に伝わるので、勉強して文法も完璧、ハートも完璧! になって欲しいです。

◆「英語がしゃべれないことを恥ずかしいと思わない」

――英会話には、文法だけでなくハートの強さが必要?
【出川哲朗】そうですね。僕は英語がしゃべれないことを恥ずかしいと思わないので。例えば浅草で外国人の方から「オマエ、シンジュクドコダ?」とおかしな日本語で聞かれても、こっちは相手の人が一生懸命しゃべっているんだと思って、教えたくなるじゃないですか。そう考えたら、僕がへんてこりんな英語をしゃべっても、外国の人は僕がしゃべれないんだと思って、教えてくれますからね。こっちが困っていることを知れば、ほとんどの人は優しいので、絶対に理解してくれようとするんですよ。
【千葉雄大】ホント、そう思います。でも、ほとんどの人は英語をちゃんとしゃべれないと恥ずかしいと思っちゃいますからね。僕、だから出川さんのことはすごく尊敬しているんです。

【出川哲朗】でも、雄大くんのフェイスがあれば、外国で話しかけて伝わらなくても「エヘ」ってちょっとベロを出しとけば「プリティ、プリティ」って絶対に優しくしてくれるから(笑)。
【千葉雄大】やらないですよ(笑)。でも、僕が以前フランスに行ったとき、フランスの方はちゃんと話せないと教えてくれないっていう噂を聞いていたんです。でも実際に行ったら、全然そんなことはなくて。もしかしたら「プリティ」って思ってくれたのかもしれないですね(笑)。

◆『イッテQ!』撮影はリアルガチ、「スタッフも英語は全然しゃべれない」

――ちなみに、出川さんが『イッテQ!』で外国に行ったとき、スタッフがこっそり助けてくれることは?
【出川哲朗】ありません。だって、スタッフも英語は全然しゃべれませんから。一応、撮影許可が必要なのでコーディネーターの人はいますけど、実際、撮影は僕一人だけ。スタッフが助けてくれることなんてありません。

――ハートを強くするためには、どうすればいいんでしょうか?
【出川哲朗】これは雄大くんの事務所の人に怒られるかもしれないんですけど、外国人女性の友だちを作ること。そうすると、相手のことを理解しようとして絶対に英語を勉強しますから。彼女が悲しい顔をしていたら「ホワッツ? ホワイ?」とか。笑っていたら、一緒にスマイルする。それが一番だと思います。
(文:今 泉)

(提供:オリコン)
2018/2/11 08:40 配信

(左から)千葉雄大と出川哲朗 (C)oricon ME inc.
(左から)千葉雄大と出川哲朗 (C)oricon ME inc.