ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

冬の洗車で忘れてはいけない部位

 関東地方で33年ぶりの低温注意報が発表されるなど、記録的な大寒波がやって来た今冬。寒いと洗車をするのもおっくうになりがちだが、冬は空気が乾燥するのでホコリなどが舞いやすく、自動車も汚れやすい。愛車を汚れやサビから守るためにも洗車は必要だ。今回は、冬の洗車で気を付けたいポイントを紹介する。

路面凍結、視界不良… 雪道の運転時に注意すべき5つのポイント

■放っておくとサビの原因に 盲点の「床下」

 今年1月、東京で積雪があったのも記憶に新しい。雪道を運転するときにチェーンなどの装備を忘れることはあまり考えられないが、走行後の車のケアは大丈夫だろうか。

 降雪地帯を訪れたとき、走行中のタイヤから巻き上がった水しぶきで車のボディが白っぽくなった経験はないだろうか。路上にはスリップ事故防止のため、凍結防止剤や融雪剤がまかれることがあり、車に付着している可能性がある。このような道路を走行した後には車の洗車をしっかりしよう。特に気を付けたいのは、忘れがちな車体の下側(床下)だ。

 外装が汚れていれば目ですぐにわかるので洗車や水拭きで対応できるが、床下は意外と盲点になっていないだろうか。放っておくと凍結防止剤の塩分で金属部分がサビつく原因になりかねない。走行中に床下部分を雪などで擦ってしまうこともあるし、飛び石などで傷が付いてしまうこともある。そこからサビの発生につながることもあるだろう。スキーなど冬のレジャーに出かける機会も多いこの時期。帰宅したら早めに洗車をしておこう。

■冬の洗車アイテムは?

 冬の洗車の大敵は冷たい水だ。お湯が使用できるのならお湯を使用しよう。ただし、ガラスにかかるとひび割れのおそれがあるため、熱湯は使用しないように注意しよう。また、氷点下になる地域の場合は、お湯が凍らないうちに拭き上げよう。

 もし、水しかない環境であれば、冷たい水から手を守るためゴム手袋を用意しよう。内側が起毛素材でできた冬用のものなら暖かいのでおすすめだ。そして、洗車が終わったらコーティング剤を使用してみよう。コーティング剤は持続期間が長く、次回の洗車では汚れが落ちやすくなるので洗車そのものが楽になる。

 ボディやガラスもしっかりコーティングできれば冬の洗車回数を減らせるかもしれない。フロントガラスなどには、塗り込むタイプのほかに、スプレータイプやウォッシャータイプなどもあるので使いやすいものを選んでみよう。汚れたフロントガラスやワイパーでは視界が悪く、事故を招くおそれもある。

 冬の洗車はつらいもの。これからは花粉が飛ぶ時期も間近に迫る。最近は洗車場の自販機でカーケア商品を買えるところもあるので上手に利用して冬の洗車を乗り切りたい。

【文・監修:SAKU株式会社】
しあわせな人生をデザインする会社、人生とお金をコンセプトとする編集制作プロダクション。これまでの金融・経済やマネーのイメージをくつがえす「発想力」を展開中。

(提供:オリコン)
2018/2/12 09:40 配信

空気が乾燥する季節は車も汚れやすい。冬の洗車で気を付けたいポイントを紹介する(写真はイメージ)
空気が乾燥する季節は車も汚れやすい。冬の洗車で気を付けたいポイントを紹介する(写真はイメージ)