ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ももクロ、4人体制で初イベント

 アイドルグループ・ももいろクローバーZが11日、横浜アリーナでニッポン放送『ももクロくらぶ xoxo~バレンタイン DE NIGHTだぁ~Z!2018<表>』を開催した。4人体制となって初のライブイベントとなり、百田夏菜子は「バレンタインイベントでまた新たなスタートを切れた感じ」と手応えをにじませた。

【ライブ写真】4人体制でも全力パフォーマンス

 同局ラジオレギュラー『ももクロくらぶ xoxo』の公開放送をかね、今年で6回目を数える同イベント。2日間にわたって開催され、昨日10日が<裏>、きょうは<表>の王道をテーマに、スペシャルゲストの小林克也によるDJ講座、ショートドラマ、ソロライブコーナー、ゲームコーナーなど、盛りだくさんな内容で1万2000人のファンを喜ばせた。

 後半のファンによるリクエストライブの「あなたが聴きたい ももクロのこの1曲リクエスト」では、上位5曲に入った第5位「キミとセカイ」、第4位「ヘンな期待しちゃダメだよ」、第3位「オレンジノート」、第1位「全力少女」を4人体制になってから初パフォーマンス。第2位「Z伝説~終わりなき革命」は「ただいま準備中!ごめんなさい!」の文字が表示され披露はされなかった。メンバーそれぞれの紹介が入った人気曲「Z伝説」の“おあずけ”にモノノフ(ももクロのファン)から爆笑が起こると百田は「ちょっとすいません…」と苦笑まじりに謝罪。玉井詩織は「どうしたらいい? また新しい『Z伝説』が披露できたらいいな」とコメントしていた。

 アンコールでは「怪盗少女」「走れ!」をパフォーマンス。「怪盗少女」ではメンバーの名前が入るパートを「れに、かなこ、しおり、ささき・あやか!」に、順番に出席をとり番号で応えるパートは「1、2、3、4、ウ~イエイ!」と変更し、ダンスもより躍動感のある動きが加わってパワーアップしていることをアピールした。

 今年で10周年を迎える同グループ。最後のあいさつで佐々木彩夏は「変わっていくものもありますけど、きょうみたいないつものももクロみたいなものを大事にしたい」と気持ちを新たに。高城れには「整いました!」と突然、挙手して「手作りチョコレートとかけまして、私たちの絆ととく」と“謎掛け”。その心は「つくって固めることが大事でしょう!」と元気よくまとめて、歓声を浴びていた。

 来年も2月9日、10日の2日間、同所で『バレンタイン DE NIGHTだぁ~Z! 2019』を開催することが発表された。

(提供:オリコン)
2018/2/11 18:56 配信

ニッポン放送『ももクロくらぶ xoxo~バレンタイン DE NIGHTだぁ~Z!2018<表>』本編の模様
ニッポン放送『ももクロくらぶ xoxo~バレンタイン DE NIGHTだぁ~Z!2018<表>』本編の模様