ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ピクサー新作、ベテラン声優も参戦

 ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の日本語吹き替え版声優が12日、一挙発表された。アニメ『ONE PIECE』でブルック役を務める声優のチョーは、同作でもガイコツ役で登場する。

【動画】エンドソングはシシド・カフカ、日本版予告

 同作は、陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、元の世界に戻るため、ガイコツのヘクターと大冒険を繰り広げる物語。やがて2人がたどり着くのは、ミゲルの家族の驚くべき“秘密”。すべての謎を解く鍵は、今は亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスが歌うミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」に隠されていた。

 監督は、『トイ・ストーリー3』(2010年)を手がけたリー・アンクリッチ氏。アニメーション界最大のアワードと言われる『第45回アニー賞』では、最多11部門を受賞。『第90回アカデミー賞』では、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門にノミネートされている。日本語吹替声優は、これまで藤木直人、松雪泰子、横山だいすけ、渡辺直美の出演が発表されていた。

 チョーのほか出演が明らかになったのは、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウや、『銀魂』のマダオこと長谷川泰三など、個性的なキャラクターを演じてきた立木文彦。実は、ピクサー作品全てに出演するジョン・ラッツェンバーガーが演じる役の声を演じており、ピクサーの常連声優でもある。これまで『モンスターズ・インク』シリーズのイエティや『カーズ』シリーズのトレーラーのマック、『ファインディング・ドリー』のヤシガニのビルなど数多く出演し、同作には字幕版でジョンが演じた歯列矯正医のフアン・ハノキョーセー役で登場する。

 そのほか、ミゲルのお母さん役に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズのアストライア・トア・ダイクンなどで知られる恒松あゆみ、ミゲルのひいおじいちゃん(パパ・フリオ)役で、『アナと雪の女王』のウェーゼルトン公爵や『トイ・ストーリー』シリーズのリトル・グリーン・メン、『フィニアスとファーブ』のドゥーフェンシュマーツ博士など、ディズニー作品に多数出演する多田野曜平も参加。

 テレビ・劇場版アニメ『マクロスΔ』ワルキューレのリーダーカナメ・バッカニアをはじめ、『アイカツ!』シリーズの北大路さくらを演じている安野希世乃は、ミゲルが大好きな映画の中に登場する修道女を演じている。

 声優界以外からも、俳優やタレントたちも参加が決定。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、『ひよっこ』などに出演する女優の大方斐紗子がミゲルのひいおばあちゃん(ママ・ココ)役、「死者の国」のガイコツの住人たちには、『弱虫ペダル』シリーズの荒北靖友や、『刀剣乱舞』シリーズの三日月宗近などを演じ、2.5 次元ミュージカル界で活躍する鈴木拡樹、日本テレビ系『news every.』に出演しているフリーアナウンサーの寺田ちひろ、ファッション界からハーフモデルのカイミも出演。それぞれ特徴をもったガイコツのキャラクターで登場する。

 また、音楽が重要な鍵を握る同作では、主人公ミゲルが至るところで、ミュージシャンと遭遇し、それらの声優を担当した面々の中には、本物のミュージシャン、アイドルとDJの名前も。ミゲルが「生者の国」のマリアッチ広場で出会う女性ミュージシャン役にSKE48のメンバー・高柳明音、男性ミュージシャン役には、ラジオDJ・大抜卓人、ミゲルが「死者の国」で出場する歌のコンテストのライバルである“ロス・チャチャラコス”のメンバーには、日本版エンドソングを担当している“シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ”から、シシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラのドラマーの茂木欣一も声優に参加した。

(提供:オリコン)
2018/2/12 04:00 配信

チョー、立木文彦ら、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』の日本語吹き替え声優が発表された
チョー、立木文彦ら、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』の日本語吹き替え声優が発表された