ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

戸田&大原W主演作クランクアップ

 女優の戸田恵梨香、歌手としても活動する大原櫻子がW主演する映画『あの日のオルガン』(2019年2月公開)がこのほどクランクアップし、お互いの印象や作品についてのコメントを寄せた。

【写真】メガホンをとる平松恵美子監督

 同作は、第二次世界大戦末期、東京・品川区戸越の保育士たちが幼い園児たちと集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描く。保母たちのリーダー・板倉楓を戸田、天真爛漫で音楽が好きな保母・野々宮光枝を大原が演じ、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子氏がメガホンをとる。

 3月末に約1ヶ月の撮影を終えて、戸田は「重たいシーンが続いていたので、自分の精神状態が普段いないところにいました。1ヶ月間精神的にきついことが続きましたが有意義な時間で、すごい作品ができるんじゃないかと手応えを感じています」と自信をにじませる。大原は「子どもたちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探していました」と、生と死が隣り合わせの時代を描く撮影にも前向きな姿勢を忘れなかった役作りを振り返った。

 2人は今回が初共演となり、お互いの印象を「なんてまっすぐな人なんだろうと思いました。前を見ている姿が私にとって心の支えでしたし、いつも見ていたい人だなという風に思いました」(戸田)、「クールなイメージだったのですが、気さくで、かわいくて、会ったらもっと好きになりました」(大原)と明かした。

 新たなキャストも発表され、疎開先の世話役・近藤作太郎役で橋爪功、作太郎の妻・近藤梅子役で松金よね子、作太郎の次男・近藤信次役で萩原利久が出演。楓が勤める戸越保育所所長・脇本滋役に田中直樹(ココリコ)、戸越保育所と合同で児童疎開を実現する愛育隣保館の主任保母・柳井房代役に夏川結衣。楓らに自身の子どもを預ける疎開児童の父母役で林家正蔵、陽月華、山中崇、田畑智子が出演する。

(提供:オリコン)
2018/4/16 08:00 配信

戸田恵梨香、大原櫻子がW主演する映画『あの日のオルガン』がクランクアップ (C)映画『あの日のオルガン』製作委員会
戸田恵梨香、大原櫻子がW主演する映画『あの日のオルガン』がクランクアップ (C)映画『あの日のオルガン』製作委員会