ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

松本潤『99.9』密着&未公開シーン

 嵐の松本潤と香川照之の名コンビが2年ぶりに帰ってきた人気ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』(TBS系)のDVD&Blu-rayが8月24日に発売され、完全密着ドキュメントや座談会など100分を超える特典映像が収録されることがわかった。放送ではカットされた第1話&第3話のシーンを追加したディレクターズカット版や松本潤×香川照之×木村文乃による第1話ディレクターズカット版オーディオコメンタリーも収録されるなど、視聴者満足度の高そうな盛りだくさんの内容になっている。

【画像】貴重なアイテムがならぶ斑目法律事務所の中塚美麗のデスク

 今作は、16年4月期に放送され全話平均視聴率17%を超えた人気ドラマの続編。型破りな弁護士・深山大翔(松本)を中心に、個性的な刑事専門弁護士たちが、逆転不可能と思われる有罪率99.9%の刑事事件に挑み、0.1%に隠された事実を解き明かす痛快リーガル・エンタテインメントドラマ。

 前作では描かれなかった深山の父親のエピソードが今作第2話で明らかにされたことが視聴者を驚かせ、ネットニュースでも大きな話題になった。また、前作に続き劇中にちりばめられた遊び心満載の小ネタやプロレスネタもさらなる盛り上がりを見せ、サブカル層へも視聴者の幅を広げるとともに、新たなファンを引き寄せて最終回視聴率21.0%というムーブメントになった。『コンフィデンス』誌の満足度アンケート調査『ドラマバリュー』では、初回88ポイントという高評価を得てから、放送を経るたびにポイントを上げ、最終回では最高点の100ポイントを獲得していた。

 そんな今作だが、もっとも視聴者を惹きつけたのは、やはりキャスト陣がそれぞれ巧みに演じた個性豊かなキャラクターたちの関係性だろう。松本と香川が演じた深山と佐田篤弘は、同じ職場の部下と上司にあたるが、ふだんから佐田を小バカにしたような態度の深山からは、とてもそのようには見えない。しかし、深山は佐田を常に軽くあしらっているようで、実は人としての一面には敬意を持ち、信頼を寄せている部分もあることを感じさせる。そういった要素が、いつものコミカルなやりとりとのギャップを生み出し、佐田の家族が登場するエピソードなどでの心温まるシーンに深みを与えていた。

 決してセリフは多くない深山は、ともすればそのキャラクターを誤解されがちな難役かもしれない。それを、ときおり見せる輝く笑顔を武器に、シリーズ2作を通してすっかり自分の役として落とし込んでいる松本の好演は、全話を通して光っていた。また、新ヒロインとして今作から登場した木村文乃演じる元裁判官の尾崎舞子、前作から続投の片桐仁演じる明石達也など多くの脇役陣それぞれが、唯一無二の存在感を放ち物語を引き立てていたのも今作の特徴的なところだろう。

 そんな今作の裏側を知ることができる特典映像の密着ドキュメントやキャスト座談会からは、視聴者それぞれの新たな発見があるに違いない。それを観てから、もういちど全話を見直して語り合うような楽しみ方が盛り上がるタイプの作品かもしれない。

(提供:オリコン)
2018/6/1 12:00 配信

深山大翔が居候している小料理屋「いとこんち」(C)TBS
深山大翔が居候している小料理屋「いとこんち」(C)TBS