ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

じゅんいち W杯メンバー入りに訴え

 サッカー日本代表・本田圭佑選手のものまねタレント・じゅんいちダビッドソンが31日、都内で『「明治おいしい牛乳」東京2020オフィシャル牛乳』発表イベントに登壇。西野朗監督に、きょう発表されるロシアワールドカップのサポートメンバー入りを訴えた。

【動画】谷花音の成長に一同驚き

 日本代表は30日に行われたガーナ戦(日産スタジアム)に0-2で完敗。牛乳で乾杯したじゅんいちは「おいしい。きのうのガーナ戦から何も飲んでないので」と小ボケで笑わせた。現地で観戦したじゅんいちは「負けましたけど、悪くはなかったんじゃないかな」と振り返った。

 さらに「この4年間(メンバーの)23人に選ばれようと思って頑張っていた。(代表入りは叶わなくても)西野さんにはサポートメンバーに、ぜひ選んでほしい」と最後の訴え。その心は「本田2人おる攪(かく)乱作戦で」とにやりとした。本田に少しでも近づくため、体もビルドアップしたそう。「ワールドカップに向けて、僕も体を仕上げるというワンボケのためだけに2ヶ月半かけているところ」と自信を見せた。そして「きょう、代表発表でしょ? じゃあ『俺も仕上げました』って写真を明日インスタに上げます」と公約を掲げた。

 また、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』(14日放送)で「プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ」という名言を残した本田。囲み取材でじゅんいちの中でのプロフェッショナルについて問われると「もともと、そんなにプロフェッショナルじゃない」と苦笑いしつつ「本田選手の『プロフェッショナル』を見て、すごくブレないし、独特の発想があってかっこよかったんですけど、ちょっと裏を返した見方をすると面白いことを言い過ぎていた。面白さで本人に負けないようにことが僕のプロフェッショナル」ときっぱり。

ツイッターにも「本田がじゅんいちより面白くなった」と投稿されていたそうで「次の目標は本田より面白くなる。本人はお笑いのつもりは全くないけど、そこは俺の仕事。サッカーでは彼の上には行けないので、負け続ける。W杯まで1個、1個面白いことを言い続けて面白くなる」と誓った。

 共演した柳沢慎吾が本田の面白さについて首をかしげると、じゅんいちは「だって『出身地はアース』って答えたんですよ。ボケてない。本気だから面白いんです。勝てない…」と半ば敗北を認めていた。

 イベントには女優・タレントの谷花音も参加。「すごく背が小さくて」という理由で牛乳を飲み続け「1年で8センチ伸びました」と笑顔を見せた。さらにカヌー・スラロームの羽根田卓也選手も登場し、谷を腕1本で支えるポーズも披露。腕にぶら下がった谷は「太くてびっくりしました」とメダリストに驚きの声を上げた。

 明治は東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー(乳製品・菓子)でフィジカル面、メンタル面で日本選手団を応援。発売17年目を迎える『明治おいしい牛乳』が東京2020オフィシャル牛乳となり、あす6月1日から売上の一部を小学校の体育用具の贈呈に役立てる事業プロジェクトなどを開始する。



(提供:オリコン)
2018/5/31 13:00 配信

W杯サポートメンバー入りを訴えたじゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.
W杯サポートメンバー入りを訴えたじゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.