ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

稲村亜美“大谷超え”ならず…

 タレントの稲村亜美(22)が4日、都内で行われた『エポック社 創業60周年記念イベント』に出席。同席した関根勤(64)&麻里(33)親子と、新商品『野球盤 3Dエース モンスターコントロール』(9日発売)で対決した。

【動画】最新野球盤で三球勝負をする稲村亜美と関根勤

 神スイングで大ブレークし、プロ野球の始球式に引っ張りだこの稲村。自己最速は「103キロ」だといい、この日の野球盤対決では「165キロを出して、大谷翔平選手を超えたい!」と高らかに宣言した。

 気合十分に投球ボタンを押し、放たれたボールは「136キロ」。自己最速は更新したものの目標には遠く及ばず「残念です…。ゲームだからイケるかなと思ったのに」と残念がっていた。

 最新の野球盤では、高中低、左右中央の9方向へ投げ分けできる「3Dコントロールピッチング機能」や、投球の高低差に対応できる「3Dスラッガー機能」。さらには「スピードガン電光掲示板機能」など、新たな機能を兼ね備えている。 

 イベントでは、投手・勤、打者・稲村で3球勝負を実施。巧みな配球術で“神スイング”を封じ込めた勤は「野球盤で青春を過ごした。キャリアが違いますから」と、したり顔。稲村は「くやしいー! 野球盤と言えど野球ですから…」と苦杯をなめた。



(提供:オリコン)
2018/6/4 20:07 配信

野球盤始球式で自己最速136キロを更新した稲村亜美(C)ORICON NewS inc.
野球盤始球式で自己最速136キロを更新した稲村亜美(C)ORICON NewS inc.