ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

吉本坂46、第四次審査は水着

 アイドルグループ・乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」の第四次オーディション『水着審査』が、きのう4日の午後12時よりオフィシャルホームページにて開催された。

【写真】ゆりやん、おばたらも“神ショット”披露

 芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャン、アイドル、ダンサー、パフォーマーらよしもと所属タレント約6000人を対象とした同プロジェクトの第一次書類審査では、1747人の応募があり、751人が合格。二次オーディションのグループオーディションを経て、173人が合格。三次では『自分CM』を公開し、国民投票により、143人へと絞られた。

 第四次オーディションでは、某有名出版社から「ぜひ、吉本坂46の写真集出版を検討させていただきたい」とのオファーがきたことを受けて、将来の写真集出版を視野に入れ「水着」カットで適性を審査。プロデューサーの秋元康氏に相談した結果、吉本坂46にとっての水着の定義は「自分がこれで水に入れると思う服装」に決定。応募者は従来の水着の発想にとらわれず、自由に考えもっとも自分が魅力的に映っている写真で勝負する。決してプロポーションを見る為のものではなく、どれだけ“写真集映え”するかの審査となっている。

 エントリーされた写真は、おばたのお兄さん、ゆりやんレトリィバァといったフレッシュな顔ぶれから、ベテランの村上ショージまで、さまざまな角度から撮り下ろした渾身の水着“神ショット”を披露。エントリーされた写真は、『吉本坂46』公式HPの特設ページにて公開し、4日から10日まで投票を受付、実施投票数の下位30人が落選となる。

(提供:オリコン)
2018/6/5 09:33 配信

「吉本坂46」の第四次オーディション『水着審査』に臨む村上ショージ(C)吉本坂46
「吉本坂46」の第四次オーディション『水着審査』に臨む村上ショージ(C)吉本坂46