ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

井上喜久子“17歳教”の条件明かす

 声優の井上喜久子が9日、都内で行われたアニメ映画『曇天に笑う<外伝>~宿命、双頭の風魔~』初日舞台あいさつに櫻井孝宏、遊佐浩二、津田健次郎とともに出席。「出身地を聞かれたら『お花畑』と答える」「入団条件はドモホルンリンクルが気になりだしたら」と、“17歳教”のルールや入団基準を明かした。

【画像】『曇天に笑う<外伝>~宿命、双頭の風魔~』ビジュアル

 “17歳教”とは、井上が代表を務める団体で、入団すれば実年齢に関わらず17歳に固定されるというもの。イベントなどであいさつをする時は、「井上喜久子17歳です」がお決まりで、キャストや観客から「おいおい!」というツッコミが入るまでが定番となっている。

 この日は、観客が悲しい物語を観たあとの舞台あいさつで、静かな会場を観て井上は「作品がとても悲しい世界の中でこれをやるのは心苦しいのですが…」と前振りを入れつつ「井上喜久子、17歳ですっ!」とあいさつ。その後、櫻井、遊佐、津田、観客も含めて「おい、おい!」とツッコミが入り、“17歳教”の浸透ぶりが改めて確認された。

 同作は、櫻井が演じる白子の“風魔一族”の物語で、一族の宿命が描かれている作品。それにちなみ、自身の「掟」や「儀式」などのルールを聞かれた井上が「17歳教という忍びの世界の長をやっている」と言うと、櫻井から「全然、忍んでない。前に出てくる」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。さらに井上は「出身地を聞かれたら、『お花畑です』と答えると決めている。けど、誰も聞いてこない」と“17歳教”のルールを暴露し、お花畑は「千葉の辺にあります」と明かした。

 “17歳教”の入団条件について、井上は「歳を取らないと入れない。基準はドモホルンリンクルが気になりだしたら」と発言。男性の入団がダメな理由が「甘酸っぱい感じで行きたい」と言うと、櫻井は「僕は甘しょっぱい! ただ酸っぱい」と珍回答していた。

(提供:オリコン)
2018/6/9 20:09 配信

アニメ映画『曇天に笑う<外伝>~宿命、双頭の風魔~』初日舞台あいさつに登壇した(左から)津田健次郎、櫻井孝宏、遊佐浩二、井上喜久子 (C)ORICON NewS inc.
アニメ映画『曇天に笑う<外伝>~宿命、双頭の風魔~』初日舞台あいさつに登壇した(左から)津田健次郎、櫻井孝宏、遊佐浩二、井上喜久子 (C)ORICON NewS inc.