ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

自動車保険の免責 意味と注意点

 自動車保険に加入する際、「免責」という用語を目にしたことはないだろうか。この用語の意味を知るだけでなく、事故発生時に免責によってドライバーがどのような影響を受けるのか事前に確認しておこう。

申告した距離を超えたらどうなる!?  自動車保険“走行距離割引”

■免責とは「保険金を支払う責任を免れる」こと

 自動車保険でいう免責とは、「保険会社が保険金を支払う責任を免れる」という意味。重要事項説明書や約款に記されており、たとえば「アルコール、麻薬を使用しての運転による損害」「地震・噴火・津波による車の損害」などが免責事項に当たる。自動車保険に入っていてもすべての損害が補償されるわけではないので、まずはこの点について理解しておきたい。

■車両保険の免責は自分で設定可能

 免責事項は保険会社が定めているので、ドライバー側がその内容を勝手に設定することはできない。免責について詳しく知るには、保険会社の重要事項説明書などをチェックする必要がある。ただし、車両保険の免責金額は自分で設定することが可能だ。たとえば100万円の車両保険をかけている場合、免責金額を5万円、10万円、20万円という具合に変更できる(免責金額の設定範囲は、保険会社によって異なる)。仮に車が破損し修理費が50万円かかった場合、免責金額を5万円と設定していれば45万円、10万円と設定していれば40万円の補償金がドライバーに支払われることになる。実はこのような免責金額を設定しておくと、保険料を安く抑えることができるというメリットがある。保険の免責金額を増やせば保険会社は補償が不要になるので、その分保険料が安くなるという仕組みだ。

■免責はどのように発生する?

 自動車保険において免責となるのは、保険会社が定めた免責事項に該当する場合だ。自然災害を除き、ドライバー側で防げる免責事項についてはしっかりと対処しておこう。

 一方、車両保険の免責は事故により車両が破損した時などに自己負担金額として差し引かれる。ただし、車両保険の免責金額がゼロ円となるような契約や特約付帯をしていた場合は状況が異なる。なお、このゼロ円になる特約は車同士の事故であることが前提で、保険会社によっては等級も関係してくるため、事前に条件を確認しておこう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

(提供:オリコン)
2018/6/29 20:00 配信

自動車保険の加入時に目にするであろう「免責」。どのような影響があるのだろうか(画像はイメージ)
自動車保険の加入時に目にするであろう「免責」。どのような影響があるのだろうか(画像はイメージ)