ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ジェジュン、なんでも挑戦したい

 韓国の歌手ジェジュンが、日本でのソロ活動を本格スタート。6月15日にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』に8年半ぶりに出演し、生歌を披露。最近では。『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)や『有吉反省会』(日本テレビ系)などのバラエティ番組では、意外な素顔を見せ話題となった。ブランクを経て、ソロ歌手として活躍するジェジュンに、現在の心境を聞いた。

【写真】『Mステ』本番前の控室でのジェジュン

◆J-POPを追求していきたい

 ジェジュンが、日本でのソロ活動を本格スタート。6月27日に発売された1stシングル「Sign」は愛する人の面影を追い求めながら彷徨うシーンが描かれたミディアムバラードだ。
「日本でのソロデビューにあたってインパクトのある楽曲を探していたところ、イギリス在住の作曲家ユニット・YUMAさんにこの曲を提供していただきました。サウンドは欧米っぽいんですが、歌詞をつけて歌うとやっぱりJ-POPテイストになるんですよね。僕自身、日本で活動させていただくからにはJ-POPを追求していきたいと考えていますし、そういう意味でも1stシングルにふさわしい曲になったなと思います」

 悲しくも激しい感情を込める表現力にはますます磨きがかかっている。6月15日にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』で生披露し、確かな歌唱力も証明した。
「歌詞は切ないんですが、歌い上げ系のロックバラードってスカッとするじゃないですか。聴く方にとってはストレス解消になるというか、そんな感覚で楽しんでいただければうれしいです。歌う方としてはキーも高いし、メロディーも難しい。だけど細かいところまで大切に歌いたいので、歌っていて一瞬も気が抜けないです」

 『ミュージックステーション』への出演は8年半ぶりで、ソロでは初。タモリ相手の淀みない日本語トークに、昔からのファンは歓喜、若い視聴者は驚いたようだ。
「正直、日本での活動がいつ復活できるかわからなかったんですが、いつかきっとと信じて日本語はずっと勉強していました。それこそ兵役にも日本語の本を持参していきました」

◆とても新鮮な気持ちで活動をスタートできた

 2月にはファンクラブイベントを開催。2300人の抽選枠に応募が殺到し、人気の健在ぶりを伺わせた。さらにバラエティ番組にも続々出演し、そのたびに話題を呼んでいる。『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)に登場した3月26日には、ジェジュンの名がTwitterのトレンド入り。また6月2日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)では「カッコいいイメージを守るためにしょうもない嘘をついてしまう」ことを反省するために登場。その嘘というのが「激辛ラーメンを完食したと言い張ってしまった」というもので、その王子様的ルックスと天然キャラのギャップに「初めて知ったけどファンになった」というコメントがSNSに散見された。
「意外な素顔ですねと言われたんですけど、今まであまりお見せする機会がなかっただけでこれが素の僕なんです。デビューして15年も経つと先輩みたいに見られることが多いので、笑ってもらえるのはうれしいんです。その分、ステージではばっちりキメますから、そんなオンオフを含めて楽しんでいただけたら」

 本国では俳優としても活躍。日本でも「芝居にもぜひ挑戦していきたい」と意欲をにじませている。
「いろんな活動の中でも、僕の本業はやはり歌です。だけどプレッシャーを感じながらも新しいことに挑戦するのも人生の面白さだと思っているので、チャレンジはどんどんしていきたいですね。特に日本での活動が始まった今は、新人に戻ったような気分なんですよ。もちろん昔から応援してくれている方々が待っててくれたのは知ってますが、僕のことを知らない世代も増えていますし、そういう意味でもとても新鮮な気持ちで活動をスタートできています」

 7月22日にはCD発売記念のハイタッチ会を開催。ソロデビューとは言え、これほど成功を収めたスターの接触イベントは異例と言えよう。
「ある程度キャリアを重ねると、ファンの方と交流する機会も減ってしまうじゃないですか。だから“新人ならではのできること”が僕にはとてもうれしいんです。今は本当になんでも挑戦させてください、という気持ちですね。新人ですから」

(文/児玉澄子)

(提供:オリコン)
2018/6/30 11:00 配信

日本でのソロ活動を本格スタートしたジェジュン(写真/鈴木かずなり)
日本でのソロ活動を本格スタートしたジェジュン(写真/鈴木かずなり)