ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

舘ひろし、13年ぶり新曲で新境地

 俳優で歌手の舘ひろし(68)が13年ぶりの新曲「ビバ!ビバ!バンビーナ」を9月19日に発売する。4日、都内スタジオで公開レコーディングを行った舘は「これが13年ぶりだと思うと、感慨深いですね」とほほ笑み、報道陣の前で歌い上げた。

【写真】舘ひろし、キュートなちびっこダンサーと決めポーズ

 13年ぶりとなる新曲は、多くのヒット曲を生んできた作曲・宇崎竜童、作詞・阿木燿子のコンビが手がける。舘の“クールダンディー”な魅力を残しつつ「子どもたちの未来」に向けたメッセージを込めた。同曲は、CS放送・チャンネル銀河の幼児向け新番組『パニパニパイナ!』のエンディング曲に決定している。

 男の色気を歌ってきた舘にとって“新境地”とも言える新曲。「この2人が書いた曲を歌えることに感動しています」と目を輝かせる一方、紅白出場への期待がかかると「無理ですよ。歌番組は苦手でドキドキしちゃう」と謙そん気味に即答。それでも宇崎からは「いろんな歌番組に出てもらいたいですよ」と肩を叩かれ、「頑張ります」と白い歯をみせていた。

 レコーディングには、ちびっ子ユニット「フェアリー・ダンサーズ」もコーラス隊として駆けつけた。おそろいの振付も披露した舘だが、あまりの照れ臭さに「(恥ずかしさで)死ぬかと思った…。妖精たちの元締めみたい」と赤面しながらも「難しい曲でしたけど、出来上がりは素晴らしい。これは子どもたちに感謝です」と目尻を下げた。

【訂正】初出時に「幼児向けアニメ新番組」と記載しておりましたが「幼児向け新番組」の誤りでした。訂正するとともに読者・関係各位へお詫び致します。

(提供:オリコン)
2018/7/4 15:19 配信

子どもたちと13年ぶりの新曲をレコーディングした舘ひろし (C)ORICON NewS inc.
子どもたちと13年ぶりの新曲をレコーディングした舘ひろし (C)ORICON NewS inc.