ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ピクサー新作、アクションがすごい

 『トイ・ストーリー』にはじまるピクサー・アニメーション・スタジオの長編アニメーション作品20作目となる『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)。6月15日に公開された全米では、歴代アニメーション作品1位となる週末オープニング成績(1億8268万ドル=約202億円※1ドル=110.55円換算)を記録して大ヒットしているが、60年代のスパイアクションのテイストが幅広い映画ファンの心を掴んでいるようだ。

【動画】オリジナルアクション映像3本を一つにまとめました

 このたび、怪力パパ・ボブことMr.インクレディブルとゴム人間ママ・ヘレンことイラスティガール、さらにMr.インクレディブルのヒーロー仲間・フロゾンのオリジナルアクション映像が到着。敢えてフィルム風画質にし、音楽も60年代を意識したスタイリッシュな仕上がりになっている。監督、脚本を務めたブラッド・バードによると、このノスタルジックな映像は、前作『Mr.インクレディブル』(2004年)を作っている時に彼のイマジネーションを点火させた映画ジャンルを連想させるものだそう。

 「私がインスピレーションを受けたのは、スパイのテレビシリーズや映画だったのです。『007』、『スパイ大作戦』、『0011ナポレオン・ソロ』、『電撃フリントGO!GO作戦』、それに、ゴールデンタイムのアドベンチャー・カートゥーンの『科学少年J.Q』もそうでした。60年代にはそういう作品がたくさんあり、それらにはクールでエレガントな香りがありました。私はそれを出したかったのです」とブラック・バード監督。この懐かしい時代感漂う映像は映画『インクレディブル・ファミリー』の見どころの一つとなっている。



(提供:オリコン)
2018/7/4 22:34 配信

スーパーパワーに目覚めた”最強赤ちゃん”ジャック・ジャック (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
スーパーパワーに目覚めた”最強赤ちゃん”ジャック・ジャック (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.