ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

鋼太郎『おっさんず』イジりに恐縮

 俳優の吉田鋼太郎が5日、テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(11日スタート、毎週水曜 後9:00)の制作発表会見に出席。4月期に同局で放送され、おっさん同士のピュアな恋愛を描き、社会現象となった『おっさんずラブ』イジりに恐縮しきりだった。

【写真】田辺誠一が描いた『刑事7人』

 『刑事7人』は、2015年から7月期に放送されてきた東山紀之主演の刑事ドラマの第4シリーズ。主人公・天樹悠(東山)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)とともに、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていく。第1シーズンから東山、北大路、倉科カナ、吉田が出演し、第2シーズンから塚本高史、今シーズンから新たに田辺誠一、白洲迅が加わる。

 会見では、冒頭のあいさつで吉田自ら、「今回は、資料係係長で、捜査にもバリバリ参加する“二刀流”がミソでありまして、前回に引き続きといいますか、相変わらずといいますか、何を考えているかわからないけれど、秘かに暗躍している役どころでございます。で、新しく入ってきたイケメンの白洲君に思いを寄せる…、それは違うか!」と言って、集まった記者の爆笑を誘った。

 会見後には、出演者が記者たちにカレーを振る舞うイベントもあり、『おっさんずラブ』の劇中でも披露していたエプロン姿が「似合う」とイジラれていた吉田。カレーを試食する時は、東山などから「白洲君にあ~んって、食べさせてもらったら?」「(マスコミが画を)求めていますよ」などとはやし立てられていたが、それは固辞していた。

(提供:オリコン)
2018/7/5 13:36 配信

(左から)吉田鋼太郎、白洲迅 (C)ORICON NewS inc.
(左から)吉田鋼太郎、白洲迅 (C)ORICON NewS inc.